電動ミニドライバーminiware ES121Vってなかなか使い勝手よさそう。



Banggood

miniwareのミニ電動ドライバーES121V。

最近、小さいドローンを組んだりバラしたり修理したりで
M1やM2などの小さなネジをチマチマと精密ドライバーでグリグリしている事が多くてめんどくさい。
Banggoodで複数種類の小さなネジ用の電動ドライバーが売られていて気になってしかたなかった。
特に愛用のハンダごてTS100デジタルオシロDS212を販売しているminiwareの商品がよさげ。

商品すべてなのかな?ARMのCPUが搭載されてファームウェアの更新で機能が追加されたり安定化したり。
なぜハンダごてにファームウェアと疑問を今でももっているがなんだか格好良い。

そんなminiwareのミニ電動ドライバーES120のアップグレード版のミニドライバーES121の派生版
ミニドライバーES121Vが届いた。

小さなネジや小さな特殊ネジ専用のミニ電動ドライバーES121V。

通常のミニドライバーES121と違うのはビットがΦ4mm径で小さなネジ用のビットだけが付属している。
ミニドライバーES121Vは小さなネジ用に特化している仕様ってこと。
なので、届いて気付いたM2プラスねじやM1プラスねじに使う0番プラスのビットが付属していない。

あまり見かけないΦ4mm径のビットなので単品で売っているのも見かけないし探しても見つからなかった。
でも、ミニドライバーES121Vのレビューを読んでいたらヒントがあった。
ATuMan X-mini 24 In 1っていうドライバーセットのビットが共通品らしい。
注文したけど届くまであと数日かかりそう。

あ、それと便利な収納ケースが付属しているので持ち運びも片付けも簡単で便利だ。

げっ!回転が途中で停止してネジ締めも緩めもできない!!

届いたミニドライバーES121Vでネジ締めやネジ緩めをやってみたら・・・
なぜか数回転で止まったり、まったく回転しなかったりと正常に動作しない頭が悪い電動ドライバーだった。

バッテリーの充電や電源OFF/ONや締め付けトルク設定を変えてみたが変化無し。
あ、きっとバグでファームウェア更新でなおるんじゃない?と思いつき
miniwareのWebサイトに行って最新ファームウェアを探してみたけどリンク先が見つからずガックリ状態。

いろいろ探してminiwareのWebサイトから掲示板に移動すると最新ファームウェアが掲載されていた。
忘れずにハンダごてTS100の最新ファームウェアもダウンロードしちゃった。

ミニ電動ドライバーES121Vのファームウェア更新。

ファームウェア更新は簡単だ。

・電源ボタンを押しながらUSBケーブルをパソコンに接続する。
・DFUモードで起動してパソコンにフォルダーがマウントされる。
・ダウンロードした拡張子がhexのファームウェアをフォルダーにコピーする。
・一度アンマウントされ再度マウントされると拡張子が書き換わっている。

これでおしまい。

おおお、使い勝手が良いミニ電動ドライバーだ。

ファームウェア更新でまともに動くようになった。
電源スイッチを押しながらネジにビットを押しつけ軽く時計回転にひねると電動でネジを締めてくれる。
逆に反時計回りにひねるとネジを緩めてくれる。

締め付けトルクはオート(A)で問題ないみたい。

続きはATuMan X-mini 24 In 1が届いてからいろいろやってみよう。