SHARPのエアコンをTP-LINK Deco Mp PlusにWiFi接続するのに苦しんだ。



エアコンが暖房運転しても冷房で動いてしまう。故障だ・・・

購入して8年目の三菱電機のエアコン霧ヶ峰。
え!?もう壊れるの・・・
暖房運転しても冷房でしか動かなくなった。

室外機からは生暖かい風がでて、室内は冷風が吹きまくりという冷房機状態。
なので、エアコン買い換えをすることにした。

Net経由で操作ができるSHARPのエアコンを購入。

今回も霧ヶ峰を買おうかとも考えた。
だが、最近流行のIoTっていう?それに対応させるとオプション機器が必要。

それに対しSHARAPのエアコンは標準で無線LAN機能を搭載して
天気予報の情報や室内温度情報からAIが学習し運転してくれるらしいのでSHARPに乗り換え。

購入したのはSHARPのAY-L28Hを購入した。
なので技適マークがエアコンに貼ってある。

設置してもらいWiFi接続で苦しんだ。

業者さんのエアコンの設置は1時間ちょっとで完了しすぐに動作した。
問題はスマホで各種情報を閲覧したり操作したりするためにNET接続する必要がある。
そのため、WiFi接続が必要なんだけどうちのWiFi環境のTP-LINK Deco Mp Plusと相性が微妙。
WiFi接続ができず数時間悩んでしまった。

途中、周波数を2.4G限定にしたりWiFi MeshをOFFにしたり電源OFF/ONやエアコンWiFi初期化
などいろんな事をやってもWiFi接続ができなかった。
そして、もしかしてこれ?って思いついた機能をOFFにしたらやっとWiFi接続ができた。

TP-LINK Deco Mp PlusAY-L28HのWiFi接続手順。

っで、以下の方法で問題無くWiFi接続出来運用できている。

  1. TP-LINK Deco Mp Plusの高速ローミングをOFFする。
  2. AY-L28Hのリモコンメニューボタン長押しでWiFi機能をONする。
  3. TP-LINK Deco Mp PlusのWPSを有効にする。
  4. しばらく待つ。

これだけでうまくいった。
機能的に非対応だろうなぁってものをOFFしただけの作業。
高速ローミングをONすると、また接続出来ないのでOFFで運用をすることにした。

エアコンのファームウェアアップデート。

エアコンもファームウェアアップデートが必要な時代になったようだ。
SHARPのAY-L28Hもいきなりアップデート対象だった。

アップデート中は全てのLEDがONになりエアコン機能は停止する。

 

数分でアップデートが完了して動作可能になる。

っで、スマホではこんな情報を見ることができる。

そして、クラウドで管理される。

エアコンもWiFi機能を持ちAIで運用される時代になったんだなぁと・・・・時代の変化を感じるな。