スマートウオッチAmazfit GTR。日々のPAI値を気にしながら歩数を稼ぐ。



Amazfit GTRで健康管理

お気に入りのAmazfit GTR
おっさんで年寄りな僕の健康維持のためにも活用している。
リモートワークの時の散歩をウォーキングで管理していたり歩数もAmazfit GTRで管理している。

丁度、Gearbestでもスマートウォッチカーニバルをやっているのでチェックしても楽しいかも。

そして、最近は毎日のPAI値の変化を楽しみにAmazfit GTRの文字盤を見ている。
コロナ禍でテレワーク(在宅勤務)が毎日続いていた時は散歩に出かける気もせず引きこもり。
それが数ヶ月続き、筋力低下や血中の中性脂肪が一気に増大という結果となった。
そのため、テレワークの時は散歩をする事を日課とした。

散歩の目標は
心拍数120以上を維持し4km以上歩いて歩数は4000歩以上と自分なりに決めた。
Amazfit GTRの運動管理機能のウォーキングで歩きながら心拍数と歩行距離と歩数を確認し
だいたい4.6kmで4,600歩程度を40分が標準的な散歩となった。

PAI値が徐々に増加していった。

PAI値自体は安静時の心拍数と行動しているときの心拍数で計算するらしい。
このPAI値を100以上維持していると心臓血管関係の健康を維持できるらしい。

元々テレワークで運動不足の状態だったのでPAI値は常にゼロ・・・
気がついたらPAI値が徐々に上がり始めて数値変化が気になり始めた。

そして、出社している社員数の割合制限がなくなり
必要な時は出社できる環境に変わり
毎日10,000歩以上歩く事が普通になって階段も積極的に使うようにした。
というより元の生活に戻していった。

そして、ついにPAI値が100を超えて
それを維持できるようになった。

なので、一日に何回もAmazfit GTRの文字盤を眺める癖が付いちゃった!

Amazfit GTRの文字盤でもそこそこ詳細情報も見れる。

スマホアプリでもっと詳細情報を確認して管理。

Amazfit GTRとスマホはアプリで同期しているのでアプリ内でも詳細確認ができる。
まぁ、数字がいい感じだと眺めていても気持ちよい!

睡眠時間も極力6時間確保しようとかも考えるようになって早寝の癖も付いてきた。

っで、PAI値の変化も詳細がわかるのでちょいとワクワクする。
最近は実験室や測定室そして居室とウロウロしているので歩数は増えるし
途中階段を使うようにしているので心拍数も上げられる。

って感じで
おっさんで年寄りな自分の健康管理はAmazfit GTRに頼っている。