Bluetooth接続イヤフォンの買い替え。TaoTronics SoundLiberty 53



Banggood

Bluetooth接続イヤフォンの認識が時々おかしいので買い替えよう。

通勤途中たまーに使っているBluetooth接続イヤフォンの調子が悪い。
イヤフォンの電源をONしてもiPhoneXが認識しないことが時々あり、
そんな時はBluetoothをOFF/ONして対応しているんだけど気がつかず音楽を聴くとスピーカーから音が出る。
これってムッチャ恥ずかしいし迷惑になる。

なので、通勤用に使うbluetooth接続イヤフォンを買い替えることにした。
何に買い替えたいかと聞かれればAirPodって答えるが予算が無い。
買えない事は確定なので今まで使っていたイヤフォンと同じようによく分からない中華イヤフォンを買う。

お、Facebookで30%割引クーポン配布している。

何に買い替えようかなぁって悩んでいた。
Facebookでメールアドレスを登録すると無料でイヤフォンがもらえるかも!って出てきた。
外れても30%OFFクーポンがもらえるとのこと。

無料でもらえる人がホントにいるのか疑問だけど
30%OFFクーポンはちゃんともらえるんじゃ?って思いメールアドレスを登録した。
2日後にメールでアマゾンで使える30%OFFクーポンが届いた。

イヤフォンの商品名はTaoTronics SoundLiberty 53というもので評判はかなり良いみたいだった。
自分的には安定して使えればOKなのでアマゾンで購入した。
お値段も30%割引だとお買得なので納得。

TaoTronics SoundLiberty 53が届いた。

届いたTaoTronics SoundLiberty 53の化粧箱はシンプルでちょっとオシャレな箱。

箱を開けると、イヤフォンケース(イヤフォン入り)と充電用マイクロUSBケーブルと交換用パッド。
そして取扱説明書の簡易版と詳細版。

ケースが充電器を兼ねているのでケースの中にイヤフォンがピッタリ収まるようになっている。

最近のBluetooth接続イヤフォンって自動ペアリングなんだ。

数年間Bluetooth接続イヤフォンを購入していなかったので時代に自分が取り残されていた。
最近のBluetooth接続イヤフォンって電源スイッチはないしペアリングモード設定もしなくていいんだ。
ケースに入れると電源OFFしケースから出すと電源ON、
ペアリングしている機器が見つからないと自動でペアリングモードになるというお気楽操作。

あ、でもね最初に保護シールを剥がさないと充電できないしペアリングモードにも入らなかったので要注意。
イヤフォンの充電用端子の周囲をくるんでいる透明保護シールをまず剥がそう。

これを剥がすとケースにしまうと充電開始される。

ペアリングはケースからイヤフォンを取り出し白と青のLEDが点滅している状態になったらiPhoneで
TaoTronics SoundLiberty 53を認識するのでペアリングしてしまえばOK。
あとはイヤフォンをケースから出すと自動で接続される。

いつも効いている洋楽のナツメロを聞いてみたけど音質は自分には十分で満足。
これで通勤時間に音楽を聴く事もTOEICのヒヤリング練習もTaoTronics SoundLiberty 53で問題なくできるな。

一応、MacProともTaoTronics SoundLiberty 53の接続が出来るか試してみた。
普通にペアリングできて音楽を効くことができたのでMac対応とは記載ないけど使えるみたい。