iPhone用ゲームパッドGameViceを購入した。



iPhone用ゲームパッドGameViceを購入した。 | ひーちーのつぶやき

Zerotech DOBBYをスティック操作したくてGameVice購入

ZeroTech DOBBYはスマホで操縦する運だけどムッチャ操作しにくいからGamePad
操縦したいと思い色々調べたらiPhoneではGamePad経由での操縦はムリっぽいってわかった。
android端末では色々メンドーだけどBluetooth接続のGamePadが使える。

だけど、Bluetooth接続だと遅延が発生し操縦が難しいとの情報が多くandroidタブで飛ばすことも
やめた方がいいなという結論になり安価なBlutooth接続のGamePad購入はやめた。
とはいってもiPhoneでは有線だろうとBluetoothのような憮然だろうとGamePadでの操縦は
できないのでGamePad自体の購入をやめようと判断した。

Zerotech DOBBYのアプリDoFunが対応すれば使える。

iPhone Zerotech DOBBY GamePadで検索すると自分だけでなく外国人もDoFunアプリでの
GamePad対応を要望していることがわかった。
特にGamePadでもLightningコネクタ接続のGameVice対応を要望していた。

はてGameViceって何?
と思い調べるとiPhoneにLightningコネクタ経由でドッキングするGamePadでアプリ側が
対応すれば携帯ゲーム機みたいにiPhoneを操作してゲームができる優れものっぽい。

そして、対応アプリにはDJI GO4とTelloがありDJI SPARKとTelloは操作できる。
って事は、今後GoFunアプリがアップデートされGameVice対応になるかも!

ってことでGameViceを先に買っちゃった。

一応、DoFunアプリ内から要望として操作しにくいからGameVice対応をしてほしいとの要望をだし
見切り発車でGameViceを買っちゃった。

なので、今は特に使う予定も無くGameViceを持っているだけ。
Telloの操縦ができるならTelloを買っちゃおうって思っている。

Zerotech DOBBYを持っているのにTello必要?って事もあるが
Zerotech DOBBYは目視で見えなくなる距離まで飛ばしてもGPSでGoHomeできるけど
Telloは目視範囲じゃないとマニュアルで戻すのは難しそう。

Zerotech DOBBYはなんちゃって空撮機として使う。
そう、空に向けてバイバイしながら後方に飛んでいきGPSで自動で戻ってくる便利簡単機体だもんね。
ただ、機体重量は200gギリギリきっているぐらいなので周囲に注意しないと危険。

Telloはホントに遊び用って感じ。
ブラシモーター機で機体重量も軽いので周囲に人がいても注意をして飛ばせば遊べる。
プログラムを組んで制御も出来るから遊べそう。

レーサードローンでビュンビュン飛ばすばかりじゃなく
たまにはノンビリ飛ばしてぼけーっとするのもいいかなぁって思う。
レーサードローンはU199でも壊れるとかなりの出費だからフレーム折れた即購入ってわけには
いかないから資金がたまるまでなんちゃって空撮とビュンビュン飛ばしを半々ぐらいで
いこうかなって思案中。