Tree Sketch 3とMODO801sp2でも連携は容易ではない。



Treesketch3とMODO801sp2の連携の相性も悪かった。iPad2のOSをiOS8からiOS7.1.2にダウングレードした記事
述べているようにiOS7.1.2にダウングレードしたことにより
TreeSketch 3が正常動作するようになった。

そこで、前回のTreeSketch 3とMODO801sp1との連携確認
記事を参照すればわかるように最悪の相性だった。

だから、せっかく動作するようになったTreeSketch 3
MODO801sp2で再度確認してみることにした。
当然、比較対象は前回の記事で相性抜群だったMac専用の
3DCGアプリのCheetah3Dです。

まずは、TreeSketch 3で樹木の生成です。
今回はLASSOツールでヘンテコな外観の樹木を作りました。

IMG_0105_20140923_175709 Bose QuietComfort 25

これを、OBJとFBXで書き出しMODO801sp2にインポートした。
その結果、

FBXでは形状と色は取り込めて正常に完了。
前回はMODO801sp1がクラッシュしたのでsp2になって改善
されたのかもしれない。

OBJでは、形状とテクスチャが取り込まれ正常終了するが、
透明度が反転していて修正が必要。
しかし、どうやってもPNGの透明度入り画像ファイルでは
透明度もステンシルも適用してもダメ。

modoScreenSnapz003

 

しかたがないので葉っぱのテクスチャ画像を修正して白黒画像に
変更して抜いた。
うーん、PNGとMODOって相性悪いのかなぁ。

そしてレンダリングしてみた。

treeee

うーん、なんか色が薄い。
いろいろいじっても色が薄かったので原因は後日考える。

さて、次はCheetah3Dででの確認。
当たり前だけどうまくいった。
FBXでは色と形状が取り込まれ正常終了した。
そして、OBJでは透明度も適用されて正常に終了した。
ただし、Cheetah3Dではレンダリング時に透明設定でも少し色が
残る場合がある。(反射っぽい感じ)
なので屈折率を1.0にしてレンダリングをした。

treee3

うーん!いい感じにできました。

いいきになって、もう少しヘンテコな樹木を作ってみました。

IMG_0106_20140923_192728

ぐるぐる形状の木です。
TreeSketch 3なので簡単にヘンテコな樹木を作れます。
これをCheetah3Dに取り込んでレンダリングした結果が
これです。

cheetah3dtree2

Sorry, but item not found.





4 件のコメント

  • modo801になってからレンダリングが綺麗でないんですよね。
    画像が白いのはライト>輝度のクランプあたりはどうですか?

    葉っぱの抜きは・・・、RGBAひとつで抜けるよと随分前にルクソロジーで出てたけど私も抜けたことがないです。なんでだろ。

    • そうなんですよ、MODO801から好きじゃ無いレンダリング結果なので
      レンダリング設定をいじったりレンダ後の後処理をいじっても
      好きな絵にならないんですよ。
      設定のレンダリング設定のColor Mangementをいじっても
      なんか好きな感じにならないんです。
      他の皆さんには特に気にならないのかなぁって思っていました。

  • シェーダーツリーのFinal color output>プロパティ>レンダー出力>出力カラースペースとプレビュー画面の上部 LUT あたりの組み合わせとか。出力ガンマ系ですかね。Macのガンマは2.2らしいですので白っぽくなるとか。

    • 僕も色々いじったんですが、わかりませんでした。ガンマはUNIXになってPCと同じになったはずです。
      もっと他にもいじるところがあるのかもしれませんね。

  • コメントを残す