ATOKもサブスクリブ版になったのでATOK Passportにアップグレードした。



今年はATOK for Macのアップグレードのお知らせが来ないな?

MacでもWinでも日本語IMEはATOKを使っているんだけど毎年6月にはATOK for Macの
アップグレードのお知らせが来るんだけど今年は来ないなぁって思っていた。
すると、毎月契約のサブスクリブ版のATOK Passportに切り替わり、買い切り版は
ATOK for Mac 2017で終わりだったっぽい。

Windows版もATOK for Win 2017で買い切り版は終わりっぽい、

ってことで、ATOKを今後使うためには
ATOK for Mac 2017を使い続けるかATOK Passportにアップグレードするかしかない。
また、MacOS最新版の対応はATOK Passportは保証されるが他はダメっぽい。

なので、ATOK Passportへのアップグレードすることを決めた。

ATOK PassportはMac/Win/Android版系10ライセンス使える。

そして、アップグレードすることを決めたもう1つの理由は
使用できるライセンス数が10でMac/Win/Androidで使えるので結局は今までより安価。

うちの環境だとMac版3ライセンスとWin版3ライセンスそしてAndroid版1ライセンス必要。
今まではMac版が1パッケージで3ライセンスなので毎年1パッケージ購入し
Win版を時々購入という変則的な購入をしていた。

サブスクリブ版アプリってあまり好きじゃないけど世の中の流れなので仕方ない。

ATOK Passportにアップグレードした。

なので、かみさんに相談し毎月約500円のATOK Passportにアップグレードした。

早速インストーラーをダウンロードしてインストロール作業を開始。

インストール自体は買い切り版のパッケージのインストールと同じで特に差はない。
単純にダウンロード版アプリになっただけ。

クラウドサービスも付属する。
ATOK Passportにアップグレードしないとinternet diskを別途契約しないとATOK syncが
使えなくなるので、アップグレードするしかないんだけどね。

問題なくインストールとアクティベーション(登録)も終わり問題なく使えている。
iconicon