5インチ機のアマガエル2号の損傷は想定以上だった。



Banggood

先日の記事のように自分の操縦技量不足で操縦を謝ってしまい5インチ機のアマガエル2号機を
墜落させ大破させてしまった。
機体を確認し、モーターとVTXとアルミネジやアルミの支柱の交換で修理できると判断していた。
交換用モーターSunnySkyのR2205を注文し修理準備をすすめていたんだけど・・・

よーっく確認をしてみると
ガックリな事に、iFlight iX5フレームのアームが裂けて折れ欠けていた。

急遽、フレームの注文が必要になりどのフレームを購入するか悩んだんだけど
せっかくだから同じフレームを注文する事にした。
フレームの性能が悪くて墜落したわけじゃないからね。

VTXは手持ちの開局済みTramp HVを載せる事にしてFCとのハンダ付けなどをして修理準備
が完了してモーターを交換するだけの状態でモーター到着を待っていた。
ついでに、受信機もFrsky D8モード互換のものに載せ替えてBetaFlightでの設定も確認して
ワクワクして待っていたんだけど・・・

っで、モーターが到着し交換をした。

でも・・・・・・・・モーターが回らない。
FC側の設定もESC側の設定も確認したが問題がない。

そうなんだよね
墜落時にモーターのアウターローターが変形してモーターがロックしている状態で
スロットルを短時間だけど上げていたみたい。

そのため、ESCが故障。
新たな4in1の30AESCを注文した。
今回は、Racerstar Shot30A ESC 30Aってのを注文したんだけど自分には不要な電流センサーや
BEC内蔵なんだよね。
そんなのいらないから、もっと安価なESCを販売して欲しい。