680円のUSB充電式Bluetoothマウスを買ってみた。



会社支給のThinkPad X1Carbonの純正マウスの接続がよく切れる

会社支給Windowsラップトップを毎日持ち帰り
テレワーク時は会社LANに接続して業務をやっているんだけど
純正のLenovo Bluetoothマウスの接続が切れることが頻繁にあり3D-CAD作業時はイライラ。

自宅用には中古のMicrosoftのBluetoothマウスを購入して使い始めたんだけどムッチャ快適。
3D-CADやオフィスツールぐらいしか使わないので3ボタンでスクロール機能があれば充分。
中古だけどMicrosoftのBluetoothマウスを買って大満足中。

なので、会社に置いておくBluetoothマウスを買うことにした。

自宅用マウスは中古とは言えほぼ未使用の1,500円。
自分の趣味用のマウスには10,000円以上の出費なんて屁とも思わないが
会社の仕事用に使うマウスには高いお金は払いたくない。

そこで、むっちゃ安価なマウスを探していたら
ネット情報でUSB充電式Bluetoothマウスでクーポンコードを入力すると680円という
バカ安マウス情報を見つけた。

なので、ダメ元で買ってみた。

そう、アマゾンで売っていたんです。
たまたま持っていたポイントとギフトコードを使い212円で買っちゃった。

実際に使ってみた。

午前中に注文し当日夜に到着した680円のBluetoothマウス
中華製品って両極端なのか化粧箱にお金をかけている商品があると思うと
この680円のBluetoothマウスのようにやすっちい箱だったりする。

一応、手作り感あふれるカットがいい加減な日本語取説も付いていた。

まぁ、680円のBluetoothマウスなので質感は安っぽい。
だが、会社用に買うんだったら質感なんて関係ない。
スクロールホイールの手前にあるボタンが分解能切り替えボタンで3段階切り替え可能。
3D-CAD操作でも問題無く使う事ができた。

充電はマイクロUSBコネクター経由で行い充電中は青色LEDが点灯している。
充電しながらの操作も問題無くできる。

Bluetoothのペアリングは電源SWをスライドさせONにして
ペアリングボタンを長押しするだけ。
そう、いつもの操作。

WindowsのBluetooth接続画面はこんな感じ。
自宅ではMicrosoftのマウスとキーボードをBluetooth接続で使用している。
会社ではUSB接続のDellキーボードとマウスだったんだけど
bluetooth mouse4.0という680円のBluetoothマウスに切り替えってことね。

とりあえずBluetoothマウスが欲しい人には良いかも。

この680円のBluetoothマウスってマルチプラットフォーム対応なので
あたりまえだけどMacでも使えた。
取説を読むとiPadでも使えるらしい。

とにかく安くて普通に使えるBluetoothマウスが欲しい人にはお買得かもしれない。