レーザー彫刻機って?気になるから使ってみる。



Banggood

レーザー彫刻機ってどんなものなんだろう。

Laser engraverって以前から気になっていて使ってみたいなぁと思っていた。
engraverって彫刻家って意味だからレーザーで彫刻するマシンって事なんだろうけどカッターではない?
でも、買ってみて思った物と違っていたらイヤだなぁって悶々としていた。

Banggoodで物色して設置面積が大きくなくてある程度大きな面積で使えて出力高めなもの。

っで、選択したのはレーザー出力3Wでオフライン動作も可能なマシン

届いたが・・・操作パネルのLCDのケーブルが断線していた。

商品が届いてワクワクしながら開梱したんだけど
運送中の衝撃で箱の角が潰れており、そこに位置していたLCDパネルがカバーごと外れてケーブル断線。
オフラインじゃ使えないオンライン専用機になってしまった。
もしかすると最初からか壊れていたかもしれないけど・・・

だって、梱包箱の凹みや傷に赤ペンでマーキングがされていたから中国を出る前から凹みや傷が
ある状態で発送された可能性も十分あるからね。

一応、Banggoodには交換用LCDパネルの手配をお願いしたけどオンラインでは使えるからいいや!
なので連絡待ち状態で過ごしている。

断線の状態はこんな感じで自分じゃ修理不可能。

なんか最近LCDパネルの不具合遭遇率が高すぎて笑えてしまいます。

しかたがないのでLCDパネル無しで動作確認しよう。

LCDパネル自体はラズパイなどで使われている一般的なものだけど40ピンのFPCコネクタで
接続するタイプなのでなかなか手に入らない。
AMAZONでそれを搭載しているラズパイのパネルを買ったけどバージョンアップしていて
直接ハンダ付けになっていた。
2900円捨てちゃった。

なので、LCDパネルを外してオンライン専用機として使ってみることにした。

見た目が貧素じゃなくて修理中みたいになったけどしかたないよね。

組み立てて通電して動作確認。

簡単な組立方式なので組立は数分でおわった。
早速通電して動作確認をしてみた。

イニシャル動作をしてマーカー用レーザーが照射されて動作は正常なようだ。

ただ、上の写真のようにケーブルがスライドレールの上にかぶった状態だとマイクロスイッチ検知まで
レールが移動する前にケーブルにぶつかりモーターが脱調する。
たぶん、品質評価はムッチャいい加減だったんだろうなぁ。

次はWindowsと接続して実際にレーザーを照射してみよう。
ちなみにMac版アプリがないので実質Windows専用のマシンなんだよね。
ちょっとガッカリ中。