ViaCAD Pro V10がMacOS10.13で起動しない。サービスパックを入手して対応。



Fusion360と平行して使用しているViaCAD Pro V10がOSをMacOS10.13にアップデート
したら起動せずクラッシュするようになった。

[phg media=”mac-software” id=”1140161670″][/phg]

PunchCADのフォーラムに
以前からMacOS10.13では起動時にクラッシュするからアップデータを準備しているよ
って投稿されていたのに見ておらず・・・大失敗。

MacOS10.13にアップデート前であれば、ViaCAD Pro V10を起動しCurrent Version
の確認でサービスパックの入手ができたのにOSアップデート後は起動せずクラッシュ
するのでサービスパックの入手もできない。

Apple App Storeから購入した方はApp StoreアプリからViaCADのアップデートが
できると思うが僕のはPunchCADからの直買いなのでそれもできない。

そこで、PunchCADフォーラムを確認しにいくと僕と同じようにMacOS10.13にアップデート
してViaCADが起動せずクラッシュする不具合発生した方がいて対応策の告知がされていた。

PuchCADから直買いといってもEncoreから購入していて、サポートもEncoreなので
Encoreサポートに連絡するようにとの事だった。
その際の必須情報は

・MacOS10.13にアップデートしサービスパックが必要と記載。
・使用しているViaCADの正確な商品名。(僕はViaCAD Pro V10)
・購入時のオーダー番号を記載。

となっていた。

早速、Encoreサポートにコンタクトフォームから送信すると
2時間後にはサービスパックのダウンロード先リンクのお知らせメールがきた。

無事、ViaCAD Pro V10が起動するようになった。