1,200円のDJI Osmo Pocket用マクロレンズを買ってみた。



Banggood

ワイコンを買うとマクロも欲しくなる。

banggoodから購入したDJI Osmo PocketにKenkoのAdvanced Wide Angle Lensを付けると
広角側はまぁガマンできるようになった。
次は、デジイチのマクロな並みにレンズギリギリまで寄れるマクロレンズが欲しくなる。

だけど、使用頻度は少ないし必要度が広角まではない。
なので安価なマクロレンズを買ってみることにした。
AMAZONで色々探して一番安いんじゃない?って思ったものを注文した。

注文したのはDJI Osmo PocketNeewerのx10倍マクロレンズ

マクロレンズが届いたから開梱。でも、ワクワク感はなかった。

DJI Osmo PocketNeewerのx10倍マクロレンズが届いた。
無地な白い箱が届いてチープ感が漂う。

開けてみても安っぽいが、1,199円だから仕方ないな。

AMAZONの商品ページでは複数のレンズで構成されているような絵が掲載されいたけど・・・
ただの凸レンズに見える。

磁力はKenkoのAdvanced Wide Angle Lensに比べるとムッチャ弱い。
体感では半分ぐらいの力でとれてしまう感じ。
外れやすそうなので激しい動きはさせないほうがいいみたい。

撮影が難しい。レンズと撮影対象までの距離は3cmぐらいかなぁ。

いやぁ、撮影が難しい。
やたらレンズを近づけて撮影するんだけどDJI Osmo Pocketのモニターが小さくピントが合っているかわからない。
スマホ接続しないとマクロ撮影は無理だと思う。

試しにDJI Osmo Pocketだけで撮ってみた。

その後屋外で動画撮影をしたけど
手持ちじゃブレブレで厳しいので三脚なんかで固定しないと動画撮影はできなさそう。

まぁ、たまにしか使わないマクロレンズだから使い勝手が多少悪くてもガマンだな。