ImmersionRC Rapid+Fireが届いたのでゴーグルに装着。



ImmersionRC Rapid+Fireが届いたのでゴーグルに装着。 | ひーちーのつぶやき

ImmersionRC Rapid+Fireが届いた。

GetFPVに注文していたImmersionRC Rapid+Fireが昨日届いたのでゴーグルに装着した。
今まで使っていたダイバーシティー受信機のFuriousFPVのTrue-Dと違い2つの受信機の
画像を合成するらしいのでけっこうFPV画像がキレイらしい。

箱を開けるとImmersionRC Rapid+Fire本体。

そしてFatshark Dominator HDシリーズでは供給電源容量が不足しているのでヘッドトラッカーの
電源から電源共有するための中継基板とFPCケーブルが入っている。
(最新機種のHDOなどは接続不要)

Fatshark Dominator HD3での電源供給FPCケーブル接続。

電源供給FPCケーブル接続はゴーグルの外側を通し目隠しシールで隠す方法が標準だけど
カッコ悪いのでゴーグル内部を通して接続することにした。

まずはフェースプレートを剥ぎ取りFatshark Dominator HD3のネジを緩めて上下にわける。

そして、電源供給FPCケーブルを通すルートは上側の部分なので液晶表示ユニットがのる
市側の部分と繋がっているコネクターを全部外す。

そして、受信機をはめる側の部分に電源供給FPCケーブル用のスリット切り欠きを追加工。

上から見るとこんな感じ。

そして、電源供給FPCケーブルを通してゴーグル上下を元に戻しネジで固定する。

受信機を付ける側は熱収縮チューブでFPCケーブル保護をした。

フェースプレートを付ければ完成。

これで見た目もスッキリ。

ファームウェアの更新をしておこう。

ImmersionRC Rapid+FireはFPVカメラとの相性などが少しあるようで機能改善のため
ファームウェアが更新されている。
なので専用アプリで更新をした。

Beta版のV1.5.1にした。
アプリもMac版Win版があるのでMacな人にも容易に更新が出来る。

テスト飛行をしてキレイだというFPV画像を確認。

いつもの場所に行ってBrushless Whoop機を飛ばして確認した。

噂どおりにFPV画像がキレイでビックリした。
木々の中を飛んでいるとFuriousFPV True-Dではアンテナの切り替え時にノイズがのって
FPV画像が少し汚くなり飛ばしにくいんだけどImmersionRC Rapid+Fireはそれがほぼない。

木々の中でも気持ちよく飛ばせる。
こりゃ画像がキレイって言われるわけだ。

今日のテスト飛行はこんな感じだった。