U199な4インチ機と3インチ機のアームが折れたので引退していた機体を復活。



U199な4インチ機と3インチ機のアームが折れたので引退していた機体を復活。 | ひーちーのつぶやき先日の記事のようにU199な4インチ機と3インチ機のアームを折ってしまい飛行不能。
なので、引退させていたLoxi X3の復活とフレーム重量が重くて一度も飛ばさなかった
GepRC MX3に3インチ機の具を載せ替える事にした。

Loxi X3は飛ばしやすいフレームなんだけど肩が古くなりアーム幅が広めでちょいと
時代遅れになっている。でも大好きなフレーム。
GepRC MX3はフレーム重量が重めだけどFPVカメラを上の方に載せられプロペラが画像に
かぶりにくく頑丈で評判が良いフレームだ。

なので、間違いはない。
GepRC MX3は具の載せ替えだけなので作業は簡単だしPID設定も多分変更なしでいける。
ってことでソッコー組み替えた。

Loxi X3は以前飛ばしていた構成を復活させるんだけど
最後に飛ばした構成はPID設定も追い込んでないしファームウェアも古いので作業が多い。
ファームウェアをButterFlightにしてPID値は感覚で初期値を決めて完成。

ただ、HD動画撮影をしたいので
GepRC MX3にはナッシュさん仕様のSQ12のホルダーを造形し載せた。


Loxi X3はRuncam Split2を載せるのでカメラホルダーを造形しカメラのレンズが機体から
若干飛び出るまで取付位置を機首側にずらした。

これで完成!!

この状態でテスト飛行をしたんだけど、
GepRC MX3は特に問題なく自在に飛ばすことができて楽しかった。

しかし、Loxi X3は・・・
高KVモーターを載せていたことを忘れていてムッチャスロットルがピーキーでムズイ。
スロットルカーブをいじると反応が遅くなり突然加速擦る感じになり操作しにくい。
オフロードバイクの2ストを運転している感じ。

なんとか操縦はできて飛ばせているんだけど追加でもう一点。
受信機が悪いみたいですぐにノーコンになってしまう。
受信機の交換は必須だ。

あと、ホルダー剛性を落としてコンニャク現象を抑えなきゃ。