Substance for MODO801 Beta2.0.0 Build 143がでてた



Substance for MODO801 Beta2.0.0 Build 143がでてた | ひーちーのつぶやきSubstance for MODO801 Beta2.0.0 Build 143がでてた。
ここからダウンロード出来る。

修正項目は
・インスタンス無しのSubstanceの除去。
・新規に作成したSubstanceへ異なるSubstanceの再読み込みの禁止。
・null valueへの様々なチェック。
って書いてあった。

早速、インストールしてみた。

 

 

Bose QuietComfort 25 Acoustic Noise Cancelling headphones – JAPAN CONCEPT MODEL

まず、確認したのはSubstance EngineをGPUに変更して正常に動作するか。
Substance Designer 5.0.2ではGPUを選択しても正常動作するがMODO801で
GPUによるSubstanceの取り込みが正常動作するかって事。

結果はNG!!。やっぱり、MODO801がクラッシュする。

また、オブジェクトにSubtsanceだけ設定してあげてテクスチャーとしてロードを
していない状態で保存すると次回以降そのファイルを開くときにMODO801が
クラッシュする。

当分Betaはとれなさそうだなぁ。

ちなみに、Substance Designer 5.0.2でMacOS10.10.2以降の環境ではCUDAを
最新版に変更しないと3DViewがスローダウンするらしい。
もし、3DViewで表示がスローモーだったらCUDAを最新版に変更すべきです。

僕は、MacOS10.10.3BetaなのでCUDA最新版にしているので問題ありません。

Substance DesignerScreenSnapz002

ただね、MODO801側でGPUが使えないのは
MacOS10.10.3Beta対応のNVIDIAのドライバーもBeta版なんだよね。
もしかするとビデオカード側の不具合かも。