ひーちーのつぶやき

Macいじり,3DCG,デジカメ,ドローンを楽しんでます。

Hobby マルチコプター

U199マイクロクワッドの1.5機目をテスト飛行したが色々調整が必要みたい。

U199マイクロクワッドの1.5機目をテスト飛行したが色々調整が必要みたい。1機目ののU199マイクロクワッドのRateモードでのFPVゴーグル着用飛行練習での度重なる
墜落と木々への衝突でフレームのクラックとFCの故障で修理が困難で2機目用に準備していた
部品を流用して1.5機目として組み立てた。

その機体で飛行練習を再開したんだけど、色々調整が必要みたい。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

一応、室内でホバリング確認まではしていたんだけど
そのホバリング確認もスロットルの開度とホバリングの関係までは確認していなかった。
そのため、スロットルを70%ぐらい上げないとホバリング出来ない事に気付かす
飛行練習では低空飛行で四苦八苦してしまった。

その原因はフレーム重量の増加による機体総重量のアップ。

1機目のフレームはDiatone Blade 150  Carbon Fiberフレームキットで重量26g。
1.5機目のフレームはDiatone Lizard 150 v2.0 CF Frame Kitで重量57g。

このフレーム重量差が大きくて、3S 11.1V 850mAhバッテリーを搭載すると、
ギリギリ200g未満でGPSアシスト機能は載せられない。

っで、この重量差はそのままホバリングするためのスロットル開度に影響するので
当然再調整が必要ってことね。

その調整はスロットルカーブでやるんだけど、
1機目のDiatone Blade 150  Carbon Fiberフレームキットでは

LibrePilot GCSScreenSnapz001

1.5機目のフレームはDiatone Lizard 150 v2.0 CF Frame Kitでは

LibrePilot GCSScreenSnapz002

この差は大きいので、FPVゴーグル着用で手元が見えない状況じゃわからないよな。

たぶん、このフレームは1104ブラシレスモーターに合わせて設計されていなくて
1306ブラシレスモーターに合わせて設計されているんだと思う。
なんだか、モーターがフレームに対してやたら小さく見えるしフレーム重量が大きいもんね。

DSCN1996

後から見ても横から見てもモーターとプロペラが小さい。

DSCN1995 DSCN1993

なので、スロットルを70%近くまで開けないとホバリングしないんだろうな。
ただ、モーターを1104ブラシレスモーターから1306ブラシレスモーターに変更すると
機体総重量を200g未満にするためには500mAh のバッテリーじゃないとダメになる。

なので、このままでいいやって思っている。

ちなみに、スロットル調整していなくて低空飛行で苦しんでいるFPVカメラの動画は
こんな感じで大変だった。

-Hobby, マルチコプター
-, ,