WPL JapanのC24-1ハイラックスサーフのFPVカメラをちゃんと固定しよう。



C24-1でFPVドライブできるってわかったのでちゃんと固定。

クローラーラジコンでFPVドライブってできるのかなぁと思い立ち
FullHD録画ができるFPVカメラをWPL Japan C24-1ハイラックスサーフ運転席にテープで
仮止めしてFPVドライブを楽しんでいる。

複数回FPVドライブや木の枝乗り越え遊びをやってみて普通に遊べることがわかった。
なので、ちゃんとFPVカメラを固定することにした。

天井にテープとめから座席に固定へ変更。

今は、天井にテープで仮止めしているFPVカメラ。
その固定方法をFPVカメラの固定位置を運転席の座席に固定することにした。

また、5V給電のためドローンのフライトコントローラを利用しているが余計な基板なので
5インチドローンを飛ばさなくなり使用していないVTXを利用することにした。
これにより2Sバッテリー→VTX→FPVカメラの構成となる。

用意した物は

  • FPVカメラ固定用部材(3Dプリンターで造形)
  • VTXTramp HV)

それらを組み合わせて載せる。

運転席に両面テープで固定。

運転席に2Sバッテリーを載せる構成。
今後、車体バッテリーから直接電源供給できるよう配線を変更しようと思う。

視界確認とテスト走行。

出来上がって自宅前に出ると小雨。
とりあえず、FPVカメラをちゃんと固定したWPL Japan C24-1ハイラックスサーフをテスト走行

なんとか運転席内に全ておさまっている。

今まで荷台にFPVカメラの画処理基板とドローン用フライトコントローラ基板
そして2Sバッテリーを載せていたんだけど今回の変更でスッキリした。

加工工程とテスト走行はこんな感じ。
視界が実車っぽくなってリアル感も増したよ。