近接マクロ(1cm)撮影用に10年前の中古コンデジを2台購入。



手持ちのコンデジでは近接マクロが撮れない。

持っているコンデジはPanasonic LUMIX LX100とRICOH GR DIGITAL II
そして先日購入した中古のRICOH GRも3機種。
デジイチはD7000でマクロレンズも複数持っていて思いっきり近づいて大きな画像を撮れる。
しかし、気軽に使えず使っていない。

ドローンを趣味でやっていると
ブログでFC基板やモーターなどにぐーんっと近寄った写真を撮りたい。
今持っているコンデジでは寄れないので撮影したい対象がなんなのかよく分からない写真となる。

そこで、安価に近接マクロを撮影できる機器を導入するために中古のコンデジを探した。

狙いは10年ぐらい前のコンデジ。

ネットで近接マクロに強くて画質もそこそこよい機種を探してみた。
その結果、

  1. RICOH CXシリーズ(1〜6)
    ズームマクロが撮れてオートフォーカスが速いが1000万画素撮像素子で手ぶれ補正付き。
    ただし番号が上がるほどぼったくり中古価格になっていてヤフオクでも2万円以上したり
    アマゾンで6万円以上で販売されていたりする。
    売っているときは4万円前後だったようだ。
  2. PENTAX Optio RZ10
    起動が速く14000万画素撮像素子で手ぶれ補正付き。
    こちらは1万円前後で販売されていた機種なので中古価格も低め。
    だけど程度によってはヤフオクで5,000円ぐらいだったりする。
    アマゾンで6,000円以上で販売されていたりするのでお値段に要注意。

をお値段と購入しやすさから選んでみた。

程度が良くて安価なものを購入したがお値段ほぼ同じ。

10年前のコンデジなのでシャッター回数や使用方法によっては製品寿命ギリギリかもしれない。
ズームレンズの可動部の不具合や操作ボタン不具合そして内蔵電池不具合などが心配。
そのため、両機種とも購入することにした。

PENTAX Optio RZ10

RICOH CX、程度が良い商品はお値段が高くてなかなか手が出る物がなく
最初に購入したのはヤフオクでPENTAX Optio RZ10
充電器はついていないけど化粧箱もついていて外観キレイでレンズも問題無さそう。

送料込みだと4,700円ぐらいでギリギリ競り勝てた。
届いて開梱してみて現物を見てみると新品みたいな使用感がまったくない商品。

電源ON後の起動がムッチャ速い。
充電器付属してないから慌てて互換充電器を購入したんだけど
RICOH CXシリーズと同じ電池だったので互換充電器が無駄になってしまった。
でも1cm近接マクロのオートフォーカス速度は遅いので販売時のお値段相当かも。
こんなマクロ写真が撮れてしまう。

ここから更に寄れる。

RICOH CX5

RICOH CXはCX6を狙っていたけど
ヤフオクもフリマも程度が良い物は高価で手が出なかった。
そんななかでメルカリでRICOH CX5の程度が良い物が3,800円だったので即購入した。

届いてみてビックリ。
外観がキレイなだけじゃなくシャッター回数が700回にも到達していない。
大事に使われていたようで不具合もない。
起動はRICOH機なのでそれなりの速さなんだけど近接マクロのオートフォーカスは速い。

そして、ファームウェア更新もされていない。
きっとカメラにこだわりがそんなにない持ち主さんだったのかなぁ。

シャッター回数は・・・・659回。

近接マクロでこんな画像も簡単に撮れる。
開きかけのハナミズキの花。

背景もぼけてデジイチで撮った写真っぽくなる。