CYCLOPS 3 V2をBrushless Whoopに載せて飛ばした。



CYCLOPS 3 V2をBrushless Whoopに載せて飛ばした。 | ひーちーのつぶやき

Brushless Whoopでもきれいな動画を撮影しよう。

Brushless WhoopのモーターはRacerstar0703 20000KVを載せているけど重いカメラを
載せると浮かないしスピードも出ないのできれいな動画を撮りたくてもSQ12などは載せれない。
なので、FullHD動画はあきあrめて720P動画を撮影できるFPVカメラを載せる事にした。

いろいろ探したんだけどCYCLOPS 3 V2ってのが結構評判が良いみたい。
CYCLOPS 3 V2にはVTXが付いておらずカメラのスイッチで録画のスタートとストップができ
VTXへ動画を送ることが出来る構成になっている。

CYCLOPS 3 V2を注文して届いたぞ。

CYCLOPS 3 V2が届いてビックリ。
ちゃんと取説が付属していてプラスチックケースに入っていた。
最近の中華メーカーは外箱にも気をつかっているからなぁ。

プラスチックケースを開けるとこんな感じ。

CYCLOPS 3 V2の背面にマイクロSDスロットがありマイクロSDに動画を記録できる。
カメラ上の小さな押しボタンスイッチで録画スタートとストップが出来る。

Brushless WhoopにCYCLOPS 3 V2を搭載。

CYCLOPS 3 V2を特に考えずAIOなFPVカメラを分解してVTXのカメラ接続端子に繋いだら
画像はVTXに送れるけど録画が動作せず悩んだ。

よくよく仕様を確認すると
動作電圧が3.5-5.5VでVTZのカメラ接続部の電圧は3.5Vだった。
負荷が加われば3.5Vをきるので録画できないはずだぁ。

ってことでCYCLOPS 3 V2の電源はフライトコントローラの5V端子に接続した。
いや、VTXの5V入力端子から分岐させた。
これで問題なく録画が出来るようになった。

テスト飛行をやってみた。動画は意外にきれいでビックリ。

さっそく、近所でCYCLOPS 3 V2を載せたBrushless Whoopを飛ばした。

さすがに、機体重量が少し重くなり5Vも消費するので250mAh HV 1sLipoで約1分40秒ぐらい
でうまく飛ばなくなる。
また、重量があるので重心近くにCYCLOPS 3 V2を載せていても旋回性能はかなりおちる。

でも、きれいな動画がTinyWhoop機で撮れるので買って損はなかった!

っで、こんな感じの動画が撮れる。
ちょっと振動しているから固定方法改善が必要だなぁ。
また、FPV動画は木陰から日向に出ると0.5秒ぐらい白飛びして画像が白っぽくなる。
飛ばす場所に注意しないと一瞬焦ってしまう。