林の中でU199な4インチ機と3インチ機の飛行練習。



いつもの整備されている林の中のちょっとした広場ではなくて手入れがあまりされていない
林でU199な4インチ機と3インチ機で飛行練習をした。

樹木の配置は当然初めてなので覚えていないので幹や枝をよけて飛ぶのは瞬時の判断が
必要な状態なんだけど4インチ機はスロットルワークを細かくしないとうまく飛べない。
スロットルを閉じすぎると即時モーター停止で急降下してしまう。

そんな状態で初めての林の中を飛ばすのは修行のような感じだった。

だって、こんな感じの林なんだもん。

下降しすぎると雑草に引っかかり
雑草を回避したと思ったら地面に転がっているでっかい折れた枝にぶつかり
高度を上げすぎると枝の上に乗っかって落とすの大変。

でもね、林の中で飛ばすの面白いんだよね。
だから4インチ機でも自在に飛ばしたくて林の中で修行・・・・

っが、4インチ機はバッテリー2本残して挫折。
スロットルワークが細かすぎてビュンビュン飛ばせなくて疲れ果ててしまった。
もっとスロットルカーブの調整をしないと自在には飛ばせなさそう。

あ、自分の腕前の問題って事ね。
モーターのBrotherhobby Tornado T1 3600KVはキューイーンって音で元気いっぱい。
FC+ESCセットのXJB F428も機体制御をがんばってくれている。
もっと練習しなきゃね。

そして3インチキなHGLRC VX145はプロペラGemfan Flash 3052と相性がいいみたいで
初めての林の中でもビュンビュン飛ばせて目前の樹木を瞬時に回避出来る。
まぁ・・・最後は自分がヘタッピなのでぶつかって墜落だけど。

やっぱ、自在にビュンビュン飛ばせる機体って飛ばしていて気持ちいいよね。
自分自身が飛んでる気分になれる。
広い場所で空高く飛んでフリースタイルも面白いけど林の中で低空を飛んでいろんなものを
よけてビュンビュン飛ぶのも楽しい。

もっと林を自在に飛べる腕前になりたいな。

このときの飛行動画はこんな感じ。