PCスピーカーをJBL 104BTW(104-BTW-Y3 )に買い替えた。



フリマで中古JBL 104BTWが12,600円だった。

PCスピーカー難民から脱出しJBL Pebblesを使用していた。
音質は自分好みだし外部入力でNintendo Switchの音声を出力も出来るので便利。
見た目もヘンテコでなんだか気に入っていた。

ただ1つだけ不満があった。
それはJBL Pebblesの出力音量がやたら大きくて普通にMacで使用するのは困難な事。
Boom3Dをログイン時に自動起動させて音量をやたら小さい設定にしてJBL Pebbles側の
音量調整は普通にできるようにしていた。

でもね、なんか正道じゃないのでいやだったんだよね。
そんな時にフリマでJBL 104BTWが(104-BTW-Y3 )が12,600円とお安く売っていた。
外観では使用感があまりなく付属品も揃っていた。

んで、JBL 104BTWが(104-BTW-Y3 )を買っちゃった。

いやぁ・・・・なんだかデカいスピーカーだった。

JBL 104BTWが(104-BTW-Y3 )が届いたんだけどアマゾンの箱をリサイクル利用していて
やたら大きく緩衝材いっぱい詰め込んでるのか?って思った。
だが、アマゾンの箱から出してもJBL 104BTWが(104-BTW-Y3 )の個装箱はデカかった。

やたらデカい箱だと思いつつ開封しスピーカーを出して唖然。
JBL 104BTWが(104-BTW-Y3 )ってこんなにデカかったんだね。

正規代理店の商品だからなのかな?ちゃんと日本語マニュアル付き。

PCデスクの上を片付け・・・いや捨てまくり設置した。

JBL 104BTWが(104-BTW-Y3 )の予想外の大きさにビックリしつつPCデスクの上の
最近使ったことないなってものをジャンジャン捨てた。
そこまでやってもPCモニター横に3Dプリンターを設置しているので広大な平面確保は無理。
できる範囲で隙間を確保してJBL 104BTWが(104-BTW-Y3 )を設置した。

右側のスピーカーがメインスピーカーで電源や音声を入力する。
そして、スピーカーケーブルで左右のスピーカーを接続する構成となっている。
また、標準添付のRCAケーブルは安物で出る音がイマイチでまったく使えないので別途購入。

スピーカーへの入力は有線が3種あって無線はBluetoothとなっている。
自分で使うのは、MacとRCA接続でNintendo SwitchとLine入力ぐらいで
もしかするとiPhoneをBluetooth接続するかもって感じ。

それらの入力を選択、または全ての入力を出力を右側のつまみで設定できる。

音質は自然な感じで厚みがあるなぁって思う。

自分自身は気持ちよく音が聞ければOKな人間なのでスピーカーの善し悪しなど判断できない。
ただ、JBL Pebblesは若者っぽい元気な音で低音が少し薄い感じがしていて
JBL 104BTWが(104-BTW-Y3 )はどの周波数も自然に聞こえ全体的に音の厚みを感じなって
事はわかる。

特に歌やしゃべりを聴いていると臨場感がまったく違う。
デカくてビックリしたJBL 104BTWが(104-BTW-Y3 )なんだけど音は大好きになった。
これで、JBL Pebblesで不満だった音量設定をアプリで強引にいじらず
OS標準の操作で快適の変更できる。

12,600円と安めで、お買得だったなって大満足だ。