修理したNaked GoProを載せて動作確認飛行。



Naked GoProの修理が終わったのでテスト。

LED配線の断線で動作状況がわからず放置していたNaked GoProの修理が終わったので
今日は動作テストを兼ねて機体のテスト飛行をした。
秋も深まってきたので林の中の雑草の勢いも落ちてきたかなぁって思い行ってみた。

あまかった・・・
まだまだ雑草の勢いは衰えてなくて
逆に服にくっつく種がたくさんあって機体を落として回収するときは悲惨そう。
絶対に機体を落としちゃいけない状態だった。

LED動作問題無し、視認性も良好、テスト飛行!

BetaFPVのNaked GoPro用基板のLEDを外してデカい昔ながらのLEDを付けているので
光量は明るく光る面積も広いので視認性バツグン。
ボタン操作で録画開始するとちゃんとLEDが点滅して動作問題無し。

問題は、
久々にドローンを飛ばすので自分の操縦技術の低下なのだ。

まっ、この機体ってムッチャ安定していて
スロットル操作だけでホバリングもできたりするので飛ばしてみると特に問題無かった。
ただ、蜘蛛の巣が多くバッテリー4本目の飛行はNaked GoProのレンズに蜘蛛の巣が付着し
動画はダメダメだった。

林の中だからって事はないけど
毎飛行ごとNaked GoProのレンズの状態確認は必要だなと反省した。

こんな感じでのんびりフワフワテスト飛行した。