KINGKONG ET100を林の中で飛ばしてみた。プロペラガードがあるのでビュンビュン飛べる。



Banggood

先週、KINGKONG ET100を飛ばそうと思い林に持っていったんだけどFC故障で飛べず諦め。
ET100のフレームを購入して組み立てたのでFCはPIKO F4を使っていた。
KINGKONG ET100はプロペラガードがついているので気楽に飛ばすのにちょうど良い。
手持ちのFCで使える奴を探すとPIKOクローンしかなくF3だけどガマンして交換。

KINGKONG ET100のFCはPIKOクローンになって復活!!
ただ、前回飛ばしたときに少しモッサリ感があったのでスロットルセンターを0.7から
0.8に上げビュンビュン飛べるように変更した。

さっそく、リュックにKINGKONG ET100を放り込んで林へ行って飛行準備。
いつも、お年寄りがお散歩している遊歩道に近いので人気がいない時を見計らい飛ばす。

っで、飛ばしてみるとスロットル調整がバッチリでビュンビュン飛べる。
KINGKONG ET100の見た目のかわいらしさとは正反対でプロペラガードの負荷を
あまり感じずに飛ばせた。

そして、林間フリースタイルってやってみたいなぁって思っていたので
KINGKONG ET100でやってみることにした。
とはいっても、普段はそんな飛ばし方をあまりさせないので得意ではない。
5インチ機でたまーにやっていたんだけど推力が大きいので強引にできていたが
2インチ機なKINGKONG ET100では難しそう。

だけど、無敵なプロペラガードが付いているのでムチャできる。
木の枝にぶつかる寸前まで上昇しながらパワーループや目標の木にダイブしくぐる。
フリップやロール色々やってみたが面白い。

しかし推力が小さいので機体の姿勢の立て直しを早めにやらないと落ち葉に突っ込む。
すると探すのに一苦労なんだよね。

バッテリーが飛んでいってなければブザー音でなんとかなる。
とはいっても上の写真のように機体がどこかわからず素通りしたりするけどね。
KINGKONG ET100の白い外装って目立たないもんね。

バッテリーが飛んでいったときは録画しているFPV画像の最後の部分を見ながら
ウロウロ探す事になる。
ホント、林で飛ばすのは面白いけどクラッシュした時の機体探しは大変。
でも、楽しいからやめられない。

っで、今日の飛行動画はこんな感じ。