Realacc Belix 3inch機のアーム破断と交換用に購入したFCからの煙・・・



Realacc Belix 3inch機のアーム破断と交換用に購入したFCからの煙・・・ | ひーちーのつぶやきRealacc Belix 3inch機のアームがついに折れてしまった。
色々とムチャやったし地面や樹木と何度もこんにちはして大きな衝撃を繰り返し加えた。
数ヶ月間の間がんばってくれたよ。

予備フレームのメインフレームと交換して復活させる予定なんだけど
ちょうど、F4のFCにしたくて注文していたFrsky D8互換受信機内蔵のF4のFCが届いたので
FC交換もやる事にした。
FC交換で受信機分の重量が機体総重量から差し引かれて減量できるかもという事ね。



まずは、交換用メインフレームのエッジ削りとFCと4in1ESC取付用20mmピッチ穴あけ。
リューターのダイヤモンドヤスリで一気に穴あけしエッジも削って完了。
もちろんバッテリー固定バンド用のスリット穴エッジも削った。

あ、20mmピッチ穴周辺の白い汚れはホワイトマーカーを塗ってノギスで傷を付けて
穴あけ位置を目視でよくわかるようにして作業したのでホワイトマーカーの残骸ですね。

そこに、M2ナイロンの柱をネジ止めして4in1ESCを固定。

この4in1ESCは18Aで20mmピッチの固定穴なので機体の軽量化に大きく寄与している。
25AなどのFCとセットのXJB F425もいいかもという考えもあったんだけど重そうなので
こっちにしたんだよね。

そして、Frsky D8互換受信機内蔵のF4のFCにケーブルを接続して準備万端。
いきなりバッテリー接続は危険なのでUSB接続で動作確認。
ブザーの+-を逆に付けていたときは正常に起動したので、ブザーを取付なおして
再度USB接続したら白い煙がもくもく。

ブザー+ランドとGNDが短絡していて燃えたっぽい。
だが、ハンダ付けは問題ないし原因がわからず基板をよーく見るとチップコンデンサが大きく
斜めに取り付いておりBEC回路の石の導通部と接触しているようにみえる。

まさかのUSBコネクタ接続でFCが燃えて死ぬというガックリな結果となった。

ちなみに、ここのところドローン関係は不運続きなので念のために動画撮影もしていたので
煙もくもくも動画撮影できてしまった。

いちおうBanggoodに良品と交換可能か問い合わせ中。