Canon PowerShot G10のファームウェアアップデート。1.0.0.0→1.0.2.0



やっぱり、ちゃんとファームウェアは最新版にしよう。

ムッチャお安く購入できた(1,000円)Canon PowerShot G10
ファームウェアは1.0.0.0で手動でISO1600設定した際に連射すると画像がマゼンタっぽくなる
不具合に対応していない。

まぁ、ISO1600に設定する事はないので問題無いんだけど
記載内容以外の機能改善や不具合対策が入っている可能性もあるのでアップデート必要って思った。
そう考えを変えたんだけどファームウェアアップデータがどこにもない。

Canonの日本や海外サイトを探してもサーバーが存在しないって表示されダウンロード先に
移動できず困ってしまった。

いろいろ探して見つけた。

海外サイトをウロウロしてやっとファームウェアアップデータを見つけた。
場所はココで普通にダウンロード出来た。

問題は、Windows11でファームウェアアップデータアプリが正常動作するかなんだよね。
2009年のファームウェアなので当然Windows11なんて存在しない。
ドキドキしながら試してみた。

WindowsラップトップPCとCanon PowerShot G10をUSB接続し
ダウンロードしたpsg10-1020-e.exeを起動しファームウェアアップデータアプリを解凍。
そしてファームウェアアップデータアプリを起動したら正常に動作して
Canon PowerShot G10内のSDカードにファームウェアが転送された。

ファームウェアアップデート。

一旦、Canon PowerShot G10の電源をOFFしてUSBケーブルを外す。
そして、再生ボタンで電源ONしてメニューからFirmware updateを選択。

無事アップデート出来た。