SMO 4Kのファームウェアをv1.2.43にアップデートする手順。防備録



SMO 4Kのファームウェアをv1.2.18からv1.2.43に上げる手順。

自分のSMO 4Kのファームウェアをv1.2.18からv1.2.43にアップデートして
Flow State Stabilizationブレ補正で上下のカクカク振動が発生しなくなって満足中。
なにかの間違いでバージョンダウンさせてしまったときのためにv1.2.43へのアップデート手順を
記録しておこうと思う。

ファームウェアv1.2.43のダウンロード。

SMO 4KというかInsta360 ONERのファームウェアダウンロードページにはv1.2.43はない。
サポートフォーラムでの不具合対応でInsta360がダウンロードリンクの掲載をしている。

ファームウェアv1.2.43のダウンロードをGoogleドライブからする。
ここからダウンロードすればOK。

ファームウェアをバイナリエディタで確認するとv1.2.43だとわかる。

ダウンロードしたファームウェアv1.2.43をSDカードにコピー。

SDカードでファームウェアのアップデートをする。
そのため、ダウンロードしたファームウェアv1.2.43をSDカードのルートディレクトリに
コピーをする。

SDカードのフォーマットはexFAT形式でしておく。

ファイル名はInsta360OneRFW.binのままにして変更をしない。
撮影した動画が壊れるかもしれないので空のSDカードを使っってアップデート作業をする。

SMO 4KにSDカードを入れて電源ON

ファームウェアv1.2.43をコピーしたSDカードをSMO 4Kに挿入する。

そして、電源コネクターをSMO 4Kに挿入。

電源を供給してSMO 4KのスイッチをON。

すると青色LEDが点灯してファームウェア書き換えが始まり赤色LED点灯して再起動する。

これで、ファームウェアのアップデート完了。

スマホアプリでファームウェアバージョンの確認。

SMO 4Kにスマホアプリから接続しファームウェアバージョンを確認し
v1.2.43と表示されていれば無事ファームウェアをv1.2.43にアップデート完了している。