Mid2012MacPro(Catalina)から2018 Mac miniへの環境移行。



Banggood

Mid 2012 MacProの延命は限界だと判断。

うちのMid2012 MacProはなんとかMacOS10.15.3Catalinaで動いている。
しかし、たまに不安定な動きをしているので使っていて不安を感じている。
ビデオカードを交換すればもっと延命が出来ると思うけど
そのために電源供給のための大改造をする機がおきない。

最近のビデオカードは電気を大食らいなので旧型MacProの基板からビデオカードに
供給している電力じゃ足りないんだよね。

まぁ、そんなこんなで
ジャンクな2009MacProとなんとか元気で動いているMid2012 MacProがあるんだけど
真面目に環境移行をしないとダメだと感じている。

中古で買った2018 Mac miniのベンチマークをしてみた。

2018 Mac miniのベンチマークをやってみたんだけど
シングルCPUだとMid2012 MacProは大負け・・・・Let’s noteのi5機にも負けてる。
マルチコアではなんとか勝っているけど12コアと6コアで僅差だもんね。
2018 Mac miniにeGPUを繋ぐと圧勝だよなぁ。

この結果を見ると
本体だけ中古で購入した2018 Mac miniに環境移行をすべき!って踏ん切りが付いた。
いままでは徐々に移行かなぁって考えていたけど早めに移行しよう。

そのため予算調達をはじめた。

いらないドローン関係機器を売り払い予算を作ろう。

2018 Mac miniで手を入れないといけない箇所は

  • メモリー容量 8GB→32GB
  • 記憶容量 256GB内蔵SSD→外付けSSDを1TB以上追加
  • ビデオカード CPU内蔵HD630→eGPU

けっこうな出費となる。
そんな予算が無いので捨てるに捨てれず持っているだけのドローン関係機器を売ることにした。

まずは、ヤフオクで

  • Frsky Taranis X9D PLUS(M9ジンバル交換済み)
  • Fatshark Dominator HD2+受信器+アンテナ
  • FurousFPV True-DとSmart Power Case V2

を売却した。

続けてMid2012 MacPro関係でいらないビデオカードを出品中。

  • Mid2012 MacProから取り外したATI Radeon HD5770 1GB

ドローン関係は全部売却できた。
HD5770は売れるかなぁ・・・売れなかったらフリマで定額で掲示していようと思う。

あとは、使っていないTelloもあるんだよなぁ。

延々と古いMacProを使ってきて簡単に移行ができない。

ハードーディスクを4機とSSDを搭載しているMid2012 MacPro。
この環境を2018 Mac miniにどうやって移行するのかが悩みの種。
Timemachine用のHDDをどうしよう・・・

なんかね、古い機種にしがみついていたツケがここにきてでてきたなぁって思う。
USB-CやThunderblot3やHDMIなんて今まで考えてもいなかった。
機種の世代が違いすぎて周辺機器の使い回しもできなさそう。

まぁ、がんばるしかないな。