MODO801でSubstance Pluginを使ってテクスチャ生成後の画質調整ってできるの?



Substance Plugin for MODO801 BetaでMODOのカラー調整機能が使えないので
使えるようにできないかい!というお願いがallegorithmiのフォーラムに投稿されていた。

Garyさんという方の投稿なんだけど、B2Mを併用して気づいたらしい。
内容は(自分で勝手に訳だかだら間違い有るかも)

Pluginでテクスチャー画像を生成しMODO801に取り込むと画像の明度が適切でないか
間違った状態になってる。
PluginがMODO801の画像調整機能を隠しているので、
例えば、Color Space Correction Fieldパネルが表示されない。
また、OCIOをPluginで生成したテクスチャーマップに適用できない。
これらは、Substanceを使用していない普通の画像では正常に使える。

って感じの内容。
僕自身は、Substance Pluginで作ったテクスチャーの画質調整ってやらないので
きの指摘ににはまったく気づいてなかった。
っていうか、生成したテクスチャの画質調整ってMODOの中でやるものなのかな?

あ、Wesさんの返信はこんな感じ。
ありがとう、Grayさん。
なぜ、君がカラーオプションを探しているのか教えて欲しい。
我々は、Substanceが生成された後のカラースペース調整機能を持っていない。

と、まぁ・・・僕と同じ疑問を持ったみたい。

でも、確かにSubstanceを生成して色味調整ができれば便利なときもあるかも。