Insta360 3m超長い自撮り棒を持って歩くのはつらい。



自宅屋根より高い位置で撮影のため購入した3m超長い自撮り棒

Insta360 ONE X2を購入してスターラプスやタイムラプスを自宅ベランダから撮影したく・・・
そのために自宅屋根より高い位置にInsta360 ONE X2を持ち上げなきゃいけない。
そのため3m超長い自撮り棒も追加で購入した。

自宅周囲は住宅地で夜も明るいのでスターラプスはいまいちな結果だった。

でも、シャッター開放時間を調整すればもう少しきれいに撮れるかも。

そのうち、昼間の空をタイムラプス撮影してみようと思う。

っで、3m超長い自撮り棒を持って撮影できるのか?

自宅ベランダだけで3m超長い自撮り棒を使うのは勿体ない。
人混みで使うのは他の人の邪魔になるし見た目も恥ずかしいので持ち出す気はない。
でも、林の中などでは使えるかもなぁって思いたった。

木々の枝が邪魔でInsta360 ONE X2のレンズを傷つける心配があるけど
自分のInsta360 ONE X2にはプレミアムレンズガードを装着しているので無問題。
木の枝や葉っぱにぶち当ててもレンズには傷が付かない。

実際に持って歩くと先端のX2の重量で腕がピクピク・・・

3mの長さを全て引き出し持ち上げると・・・・思っていたより軽い。
だけど、斜めにしたとたん先端のInsta360 ONE X2プレミアムレンズガードの重量で
重心が一気に移動してムッチャ重さを感じる。

当然、自撮り棒も撓み手で持っている根元部分は消えない。
そして、腕はピクピクしてダメだ。
自分の年齢を感じた瞬間だった。
じじーになったな。

そして、真上から下に視線を移すと・・・・あ、髪の毛寂しくなっているって実感。
空撮で真上から撮影されるのは避けないとダメかも。
はぁ、ホントじじーになったな。

っで、結果は

Insta360 ONE X2プレミアムレンズガードの組み合わせで木の枝や葉っぱとの衝突を
あまり気にすることなく3m超長い自撮り棒を振り回す事が出来いろんなアングルで撮影できる。
(レンズの傷が心配な場所ではプレミアムレンズガードがあると安心だ。)

だけど、先端にInsta360 ONE X2プレミアムレンズガードがついているので
斜めや水平にすると3m先に200g弱の重量物があるため手に大きなモーメントが加わり
ムッチャ重くて筋肉が途中でピクピクしてくる。

なので、おじさんは辛いと思う。
逆に若者は筋力がありく3m超長い自撮り棒の軽さもあるので自在に振り回したり保持したり
できると思う。