Insta360 GoのFlowStateとFPV Stabilizeの動画比較。



EMAX Tiny Hawk IIにInsta360 Goを載せ飛行動画撮影。

先日は自宅前をふわふわ飛んだだけなのでFPV StabilizeモードなのかFlowStateなのか
よく分からない動画だったので再度飛行動画を撮影した。

ホントはパワーループやフリップをしたかったんだけど
EMAX Tiny Hawk IIのプロペラが緩くなっていて機体が回転している途中で抜け飛んでしまい断念した。
そのため、巡航飛行動画のみでの比較となってしまった。

天候もあまりよくなく画質がイマイチだけど
FPV StabilizeとFlowStateの動画の差異がよくわかる動画が撮れた。

FPV StabilizeとFlowStateのブレ補正効果の差。

FPV Stabilizeは機体の傾きを考慮しつつブレ補正をしているので機体のロール角に画像の傾きが
追従するのでいつものFPV動画にちかいものとなる。

FlowStateの場合は画像の水平維持とブレ補正をするので、機体を傾けると画像は水平を維持し
画像に対し機体が斜めになる動画となる。

いつものFPVカメラの動画みたいなものが欲しい場合はFPV Stabilizeを使用し
空撮機みたいにカメラの水平維持をしている動画が欲しい場合はFlowStateを使う感じかな。
でも、個人的には機体を映り込ませてFlowStateの動画が面白くて好きだ。

なので、EMAX Tiny Hawk IIの機体が映り込んでいる動画でFPV StabilizeとFlowStateの比較をしてみた。
最後に着陸で機体が転けるんだけど、その時は画像に大きな差がある。
水平維持ってすごいなって思う。

比較動画はこんな感じです。