macOS Catalina 非対応Mid2012 MacProをmacOS10.15からmacOS10.15.1にアップデート。



Banggood

Mid2012MacProをmacOS Catalina 10.15.1にアップデートしたい。

先日、強引にmacOS Catalina 10.15にアップグレードしたMid2012 MacPro。
macOS Catalina10.15.1がリリースされたけど、最新の状態ですと表示されアップデート出来ない。

Catalina非対応機種Mid2012 MacProを無理矢理MacOS catalinaにアップグレード。

2019.10.11

やっぱりmacOS Catalina Patcherで強引にアップグレードしたからだめなんだね。
Mid2012 MacProもホント使い続けるのが難しくなってきた。
かといって買い替える財力はない。

このままがんばって使い続けないといけないんだよなぁ。

macOS 10.15.1差分アップデータを使ってもアップデートできない。

そこで、macOS 10.15.1差分アップデータをダウンロードしてみた。

そして、pkgを適用してみた。
当たり前だけど非対応機種なので適用できませんって表示されておしまい。

やっぱりmacOS Catalina Patcherでアップデートするしかない。

macOS Catalina Patcherの最新版はmaOS Catalina 10.15.1に対応している。
そこで、最新版のmacOS Catalina Patcherをダウンロードして起動した。

そして、再度インストーラーをダウンロード。(10.15.1のインストーラーがダウンロードされる)

そしてインストーラーにがダウンロードされるが差分じゃないので8.6GBと容量がでかい。

インストール先はMacそのもの。

迷わずインストールする。
即パッチ当て作業が開始され数分待つ。

パッチを当てる作業が無事完了。
Quitをクリックして閉じると裏でインストーラーが起動されている。

インストーラ起動画面からはmacOS10.15.1なのかわからない。

スナップショットファイルが消されるけど良い?って聞かれる。
嫌なときは別ドライブに新規インストールしよう。
僕は気にせず上書き!!

そして再起動が始まる。

無事アップデート完了・