箱形FPVゴーグルEACHINE EV800DM。(Banggoodのレビュー募集に応募)



Banggood

EACHINE EV800DMのレビューに参加した。

Banggoodの11月記念セールのレビュー動画特集参加者募集していたので応募してみた。
レビュー対象はEACHINEのWiFi操縦ドローン2種と箱形FPVゴーグルEACHINE EV800DMだった。
ドローンは技適と200gオーバーの関係で容易に日本国内では飛ばすことができないので
EACHINE EV800DMをレビューのお題目に選択した。

ただ、箱形FPVゴーグルって使ったことがなく
自分が持っている印象は、

  • ローコスト
  • 格好が悪い
  • レンズで拡大しているので違和感がある

という感じであまり良い印象を持っていなかった。
こんな状態でレビューってできるのかなぁなんて思いつつEACHINE EV800DMの到着を待っていた。

なかなかEACHINE EV800DMが届かない・・・

11月のセールのレビュー動画特集のための募集だったのに10月中旬を過ぎてもEACHINE EV800DMが来ない。
うーん抽選だったのかなぁ外れて今回はダメだったかと思いつつ
Banggoodのページで確認するとファームウェア不具合で出荷開始が10/15以降になっていた。

あ、こりゃ届くのは10月終わりぐらいだから
EACHINE EV800DMのレビューは中止って連絡が来るなって諦めていた。
というか、この時期に届かなかったらレビューして動画編集を真面目にやると間に合わないもんね。

っが・・・届いてしまった。
10/23夕方にEACHINE EV800DMが到着。
Banggoodに確認するとレビュー動画の納期は10/26までとの回答。(たぶん営業時間内)
いやぁ中国人のやる気と納期対応は仕事でもビックリさせられているけどBanggoodもスゴいっす。

でも、お願いして10/26から10/27に遅らせてもらった。
突貫工事で10/26いっぱいに動画を仕上げて10/26中に情報を送信することにした。

安いし使い勝手もまぁまぁいいし、初めてのお試しFPVゴーグルにいいかも。

EACHINE EV800DMといつも使っているFatshark Dominator HD3を比べると
そりゃお値段相当の質感差はあるけどお値段以上の作りになっている気がする。

付属品は充電ケーブルとアダプター、アンテナ2種、掃除用布、取扱説明書。

ちょっと前の箱形FPVゴーグルのやっつけ仕事的な出来上がりとは違いちゃんと操作性を考えて設計されている。
とはいってもコストのために制御基板を高価に出来ないのでメニュー操作時の設定変更が少しメンドー。
上側ボタンと下側面のボタンのコンビネーションで設定変更が必要。
どうしてもコスト最優先だと普段あまり使用しない機能の使い勝手は切り捨てられるよね。

全体的に薄い構造にするためかLCDパネルは3インチと小さい。
鼻の逃げ部分は西欧人を意識しているのか大きくえぐられているので外光が入ってくる。

でも、録画中の赤丸表示などはちゃんと液晶に表示されるのでFatshark Dominator HD3より使いやすい。
アンテナコネクターもFatShark系と同じなので好きなアンテナを選ぶことが出来る。

実際に使用して飛ばしてみたが
普段Fatshark Dominator HD3を使っているのでゴーグルのLCDに映る景色から頭が判断する3D空間に誤差が
発生してしまないバッテリー1本目はクラッシュしまくりだった。
最初からEACHINE EV800DMを使う人にはまったく問題ないけどね。

また、林間で飛ばすとダイバーシティー方式だとノイズが多く飛ばしにくい。
広場などで飛ばす時には問題ないけど障害物が多いとノイズが気になる。
ノイズが少ないImmersionRC Rapid+Fireを普段使っているからノイズに敏感になってしまっているのかもしれない。

初めてFPVゴーグルを買う人や、使う頻度は少ないけどFPVゴーグルが欲しい人には価格が安いのでいいかも。
LCDの画質も悪くはないし一世代前より見た目も格好良くなっている。
林間を攻めるわけでもなく、レースで限界速度でかっとぶワケでもなく自由に飛びたいだけなら充分だ。

初めての箱形FPVゴーグルだったけど想像していたものと違い以外に使いやすく見やすかったので
ビックリしたってのが正直な感想です。

レビュー動画はBanggoodの公開OK連絡が来たら掲載します。
公開OKがでたので公開です。突貫工事作りしょぼくてすいません。

とりあえずレビュー番外編。