Insta360GOのファームウェアをv0.4.25.6にアップしたがiOSじゃ意味ないのかぁ。



Insta360 Goのファームウェアアップデーターが出てた。

Insta360のページのアプリケーションをのぞいてみたらInsta360 Goのファームウェアアップデータが
公開されていてアンチフリッカー機能が設定ページで使えるって記載してあった。

だけど、iOSアプリでは
v0.4.25.6のアップデータは検出されずアップデート出来ない。

パソコンでInsta360 Goのファームウェアをアップデート。

しかたがないので、
Insta360 Goのファームウェアv0.4.25.6をダウンロードして
Insta360 GoをパソコンにUSB接続して内部メモリーをマウントしてフォルダーを開き
ダウンロードしたファームウェアv0.4.25.6をコピー。

Insta360 Goを取り出して電源ONしてファームウェアをアップデートした。

問題無くファームウェアはアップデートされたけどアプリの設定にはアンチフリッカー機能の項目は無い。

あ、Androidのアプリだけの対応だったのね。

もしかしてアプリバージョンアップが必要なのか?って思い調べた。
なんと・・・Androidアプリはファームウェアと同日にアップデートしてアンチフリッカー機能が使えるように
改善されていた。

iOSアプリはアップデートなし。

つまり、iOSアプリのアップデートを待たないと最新ファームウェアで改善された機能は使えないらしい。
だから、iOSアプリではファームウェアのアップデート情報が表示されなかったんだね。

無駄にファームウェアのアップデートをしてしまった。