Insta360 Go Hello Kittyバージョンを使ってみた。



Insta360 Goのスマホアプリは変な仕様だと思う。

insta360 Goを充電アダプター経由やBluetooth経由でスマホ接続してスマホアプリでボタン設定をする。
ボタン設定をしてスマホをOFFした状態では設定したボタンの機能で操作ができる。

でも、スマホアプリのボタン設定から抜けてinsta360 Goを操作するモードに入るとボタン設定がキャンセルされる。
本来はボタン設定をいじっていないので変更されないはずなんだけどね。

  • Insta360 Goのスマホアプリでボタン設定したらスマホアプリを終了する事。

そういう仕様なのかバグなのかわからないけど注意をしておかないと5分間撮影のつもりでボタンを押しても
15秒撮影や1分撮影で終了という悲しい結果になる。→実際に体験してガックリだった。

それとタイムラプスをBlutooth接続しスマホアプリで撮影開始してスマホをOFFすると撮影も終了・・・
これって仕様なの?って疑問を持つよね。

スマホアプリはボタン機能設定で使う以外はinsta360 Goの操作で使わない方がよいみたい。

お散歩タイムラプスを撮影してみよう。

外出自粛期間真っ最中で運動不足。
人混みを避けてお散歩して自粛太りを回避しようと頑張っている。

そこで、毎日3kmぐらいお散歩しているのでinsta360 Goを使いタイムラプス動画を撮影してみた。
はい!そうです。この時にスマホアプリでタイムラプスの時間設定をして撮影を開始して歩き始めて数分後に
insta360 Goの動作を確認したのですが電源OFFになっていた。

なので、ボタン機能設定を再設定しinsta360 Goノボタンを押してタイムラプス30分動画を撮影した。

Hello Kittyバージョンのinsta360 Goをおじさんが胸に付けてお散歩って・・・恥ずかしいかなぁって思ったが
だーれも見ることもないので問題なかった。
ただ、自分自身がちょっと恥ずかしいだけ。(Hello Kittyバージョンのほうが安かったから仕方ないじゃん)

っで、撮影したタイムラプス動画はこんな出来だった。

30分タイムラプスだと3km以上歩いているのでちょっと時間不足だったけどキレイに撮影できた。

Insta360 Goをドローンに載せて飛ばしてみよう。

そうそう、insta360 Goを買った目的はドローンに載せて撮影するため。
なので、ちゃんとドローンに載せてテスト飛行もしてみた。

外出自粛期間真っ最中なので人との接触を避けるためなるべく短時間でテスト飛行を終わらせた。
はい、このときにはまったんだよね。
ちゃんとinsta360 Goに5分間撮影できるFPVモードを割り当てていたんだけどボタン機能割当からinsta360 Go操作の
モードに移ってスマホをOFFしたから設定が変わっていた。

1分撮影モードになっていてバッテリー2本分が無駄になった。
そこで気がついてボタン機能設定をやり直して3本目のバッテリーでテスト飛行をやりきった。
3本しかバッテリーを用意していなかったので終了。

ちょっとミスだったのは
ボタン機能設定ともう1つあって約20gのinsta360 Goの重量の影響を見積もり間違っていた。
想定以上に推力に影響して期待が浮かなくて操縦で苦労した。

っで、その時の撮影動画はこんな感じ。

insta360 Goって考えれば他にも楽しく使えそうなので普通使いしてみようと思う。