Banggoodから電動ノコギリを購入して剪定に使ってみた。



この季節は狭い庭の木の剪定がいがいにめんどくさい。電動ノコギリが欲しいよ。

夏が終わり秋も過ぎ去ったこの季節。
毎年恒例の狭い庭に数本植えてある庭木の剪定をしなきゃいけない。
植えた頃は、大きく育つ事をあまり意識せず植えてしまったんだけど大きくなるなぁ。
花ももとサルスベリを植えているんだけどどちらも挿し木を無料でもらって植えてだけなんだけど。

枝が細いころは剪定ばさみで全てこなせていたけど
数年前からノコギリも併用して剪定作業をやらないといけない状態になった。
なのでBanggoodでお安かった電動ノコギリJST-SS21VC 15Ahを購入して剪定作業に投入してみた。

あ、剪定と言っても
うちの場合は伸びた分を切り落とすだけのなんちゃって剪定です。

届いてビックリ。充電アダプターがEUプラグで使えない。

JST-SS21VC 15Ahが届いて開梱してビックリ。
充電アダプターというかAC/DCアダプターのプラグがEU仕様で日本じゃ使えない。
ちょっと悩んだが変換プラグを用意するよりもAC/DCアダプターを買った方が安いのでアマゾンで注文。

645円の公称21V2AのAC/DCアダプターを購入した。
まぁ、充電時間が変化するだけなので実際に出力可能なアンペアなんてあまり気にしない。
約2週間到着までかかったけど無事入手。

っで、気がつくと剪定の季節がきてしまった。

充電して剪定作業に使ってみた。

JST-SS21VC 15Ahって緑のLEDランプの点灯数で充電状態を確認することが出来る。
でも、充電中は延々と3個目が点滅していて満充電かわからない。
公称21V2AのAC/DCアダプターを抜いてバッテリーの充電確認ボタンを押せば状態はわかる。

でも気がついた公称21V2AのAC/DCアダプターがオレンジLED点灯時は充電中で、
それが緑色になると充電完了らしい。
安いくせにちょっと便利かも。

そして、実際に剪定作業に使ってみた。
手で握る部分のそばにある赤色のボタン2つがフェールセーフ機構で両方を押さないと動作しない。
あやまってボタンを押して誤動作させないような配慮がされている。
ただでさえ中華工具なのでドキドキだもんね。

使ってみたら便利すぎた。
ノコギリで汗をかき筋肉痛になり切断していた枝が簡単に切れてしまう。
JST-SS21VC 15Ahって5,000円ぐらいで買える安物電ノコだけど家レベルの剪定作業じゃ十分な性能だ。

Banggoodから電気系の工具は買って使っているけど
木工やガーデニング系の電動工具も安価なので購入しても損はしないかもしれないな。

剪定作業(伸びた枝を切りまくる!!)はこんな感じで楽チンだった。