Substance Plugin for MODO801 Beta10がでた



Substance Plugin for MODO801 Beta10がでた昨日の記事でもうすぐリリースって書いたけどBeta10が
本日リリースされました。

ただ、一部情報が異なっていてダウンロードリンクが変更され
こちらからのダウンロードになっています。

ダウンロードして解凍するとMac版とWindows版が同じフォルダ
にはいってます。

FinderScreenSnapz001

使い方は

1.Texture→Substance→Substance.createを選択。

modoScreenSnapz001

 

2.すると、Shader TreeにSubstanceが追加されます。

modoScreenSnapz002

 

3.SubstanceをクリックするとPropertiesにLoad sbsarが表示。

modoScreenSnapz003

 

4.Load sbsarをクリックすると各表面特性がOutputsに
表示されます。

modoScreenSnapz004

 

5.それぞれの表面特性をクリックすると、Shader Treeに
反映されます。
ただ、僕の環境ではoutputやBaseshaderの上に反映された
のでツリーの上下関係を修正しました。

modoScreenSnapz005

 

6.これで完了です。

modoScreenSnapz006





2 件のコメント

  • 801をインストールしてから701が起動できなくなっていたので助かった~。でもプリセットに表示とそこからのドラッグ&ドロップを期待してたのでちょっと残念。表示をする701用のフリープラグインをだれか作ってた人が居た気がするんですけどね。

    • Windows版は701/801って共存できないんでしたっけ?
      僕はMac版なので701/801両方インストールしてSubstanceを使う時は
      701を起動していました。
      正式リリースまでにはもう少し操作性改善されるかもしれないですね。

  • コメントを残す