ひーちーのつぶやき

Macいじり,3DCG,デジカメ,ドローンを楽しんでます。

3DCG 3Dプリンター Hobby マルチコプター

Mobius miniをU199マイクロクワッドに搭載するホルダーを作った。

Mobius miniをU199マイクロクワッドに搭載するホルダーを作った。先日届いたMobius miniをU199マイクロクワッドに搭載するためのホルダーを作った。
RunCam HD2用のホルダーも作って搭載してので、それをそのまま使ってもいいんだけど
せっかくRunCam HD2からMobius miniに搭載するHDカムを変更して軽量化するので
ホルダーも軽量化したほうがお得だもんね。

いつもはViaCADで設計するんだけど、FUSION360も使えるCADになってきたので
チャッチャッって設計して造形を数回やった。
FUSION360のスケッチ機能も安定してきたようで問題無くモデル修正ができなかなか快適。
ただ、Mac版だからなのか操作せず放置するとハングする。
また、終了すると毎回終了できず異常終了する。

まぁ、3D-CADの安定性なんかどうでもよくMobius miniをどうやって確実にホルダーに
固定するかってのが問題なので気にせず作業はしたけどね。



まず、Mobius miniの固定なんだけどHero Sessionなどと同じように樹脂に押し込んで
はめ込み固定する方法を採用することにした。
材料は手持ちのTPU(ウレタン系にエラストマー)を使う事も決定。

TPUを使うと3Dプリンターで造形しても積層剥がれもなく衝撃で割れることもない。
ただ、造形速度が遅くて時間がかかるのとサポート材を配置すると剥がれないので
カッターやニッパで切断しないといけないという欠点がある。

まっ、そうは言っても手持ちの材料は白色TPUフィラメントしかないのでがんばるのみ。
予算があれば他の弾性フィラメントを購入したいがムリ!!

そして、その結果は
3回設計と造形をしてとりあえず完成。

1回目:Mobius miniをレンズの反対方向に押し込むタイプ。
2回目:1回目のホルダーの機体取付部を小さく軽量化+強度アップ。
3回目:2回目の形状を基準にMobius miniを横方向に押し込んではめ込む。

ってことでやっと完成。
材料の白色TPUフィラメントはサポート材がないとオーバーハング形状はいまいちだけど
人に自慢して見せる物でもないので気にしない。

U199マイクロクワッドに載せるとこんな感じ。

まっ、これでがんばって飛ばそう!!

-3DCG, 3Dプリンター, Hobby, マルチコプター
-, , ,