ひーちーのつぶやき

Macいじり,3DCG,デジカメ,ドローンを楽しんでます。

3DCG 3Dプリンター Hobby ViaCAD Pro マルチコプター

ブラシモーター固定用部品造形に使うTPUフィラメントが届いた。

ブラシモーター固定用部品造形に使うTPUフィラメントが届いた。まず、青色ABSフィラメントを使い切ったことを報告します。
次からはグレーのABSフィラメントなのでパッとしない地味な造形物になると思う。
楽天で購入したよくわからないメーカーのフィラメントだったけど使いやすくて好きだった。
グレーも同じお店で買ったので多分使いやすいはず。

あとは、黒色と透明ABSフィラメントそして黄色と白のHIPSフィラメントしか持っていない。
でもね、マイクロクワッドのフレームにHIPSはあり得ないので地味な色しかないな。
オレンジ色とかのABSフィラメント買っちゃいたいなぁ。



って愚痴は置いておいて
今日、サインスマートのTPUフィラメントが届いた。
ウレタン系の弾性を持った樹脂で堅いゴムっぽい感じの材料。
スマホケースのゴムっぽい感じのものに使用されている世の中では一般的な材料ですね。

_dsc5214

だが、TPUフィラメントなんて今まで使った事が無いので造形条件を決めるためのテストを
なんどかやって造形条件を仮決めした。

_dsc5216

いやぁ・・・・
ロール状態では1.75mm径なのでグニャグニャで、ついでにフィラメント同士が密着していて
フィーダーで引っ張れないなぁって感じのすごい材料。

たぶん、高級な弾性フィラメントを使用すればそんなこともないと思うけどね・・・・

テストで作ったものはモーターを保持してランディングスキッドも兼ねる形状なので
オーバーハング形状で難易度が高い。
当然、オーバーハングはダメだろうしねちっこいので糸も引くだろうって思いつつテスト。

_dsc5217

試行錯誤で、ノズル温度と造形速度を組み合わせ標準造形速度は3000mm/minに決定。
ノズル温度については上の写真で左から125℃/130℃/140℃。
ちなみに120℃ではまったくダメだった。

微妙なんだけど、125℃と130℃の間ぐらいがいいみたい。
130℃では柱部分と穴部分に熱でとろけて段差が出来てイマイチな形状となる。
125℃では円筒部分の外周部がくっついていない部分が一部ある。

127℃設定でいくかなと考え中。
想像していたよりもTPUフィラメントって使いやすくてビックリした。
粘性が高い材料なので糸を引いたり潰れた部分は後加工が必要なのはしかたないしね。

求めていた機能のモーターを保持する機能は
モーターがまだ届いていないので単四モーターで確認をしてみたんだけどいい感じで保持。
円筒外周に少し力が加わるとがっちりつかんで外れない。

_dsc5218

あ、そうそうTPUフィラメントの柔らかさはこんな感じ。
ホント、硬めのゴムって感じです。

_dsc5219

-3DCG, 3Dプリンター, Hobby, ViaCAD Pro, マルチコプター