ひーちーのつぶやき

Macいじり,3DCG,デジカメ,ドローンを楽しんでます。

Hobby Mac Mac用アプリ いろいろ アプリケーション マルチコプター

うちのMacで使ってるLibrePilotGCSで問題なくCC3DやRevolution miniを認識するようになった。

うちのMacで使ってるLibrePilotGCSで問題なくCC3DやRevolution miniを認識するようになった。うちのMacでLibrePilotGCSを使ってもCC3DRevolution miniの認識をしないことが
頻繁にあり使い勝手が悪いのでWindows10のLibrePilotを使っていた。
Macでなぜ不安定なのかの原因がマウスの機能拡張関係と推定まではしていたんだけど
マウスを接続しなくてもダメなときも有り諦めていた。

商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。お買い物される際には、必ず商品ページの情報を確認いただきますようお願いいたします。また商品ページが削除された場合は、「最新の情報が表示できませんでした」と表示されます。

まず、うちのMacの入力機器についてだけど
Logitechの無線マウス/キーボードを使っているという前提がある。

Apple純正以外の機能拡張の影響を確認

MacのOSをmacOS Sierra Public Betaにするついでにちゃんと原因を調べた。
まず、Apple純正以外の機能拡張は全て削除してMacを起動してみた。

しかし、変わらずLibrePilotGCSでCC3DRevolution miniの認識をしない。
ってことで機能拡張関係は一旦棚上げした。

Logitechの無線マウス/キーボードの接続をやめた

その後、キーボードとマウスをLogitechの無線マウスとキーボードからApple純正の
Bluetoothマウスとキーボードにつなぎ換えてMacを起動。
これで、Logitechの機能拡張は読み込まれないはず。

しかし、変わらずLibrePilotGCSでCC3DRevolution miniの認識をしない。

Logitechの無線マウス/キーボードの設定関係ファイルを全て削除

Logitechの設定をするコントロールパネルのアプリが悪いのかと思い削除してみた。
もちろん忘れずに忘れずになんとかフライっていうあぷりも削除してMacを起動した。

しかし、変わらずLibrePilotGCSでCC3DRevolution miniの認識をしない。

syslogを確認した

syslogを確認してみた。
すると・・・・削除したはずのLogitechの設定機能が起動されていた。
消し忘れがあったみたい。

なのでLogにでていたLCCというファイルを削除しまくってMacを起動して再度Log確認。
無事、Logitechの設定機能の起動はなくなっていた。

その結果、LibrePilotGCSでCC3DRevolution miniを普通に認識するようになった。
また、Logitechの無線マウス/キーボードはLogitechの設定アプリがなくても
問題なく使用できるのでそのまま使っている。

Logitechの設定機能アプリが悪さをしていたってことで無事解決

その後、最新のLibrePilotGCSをBuildしてCC3DRevolution miniのファームウェアを
アップデートしてみたが問題なくできた。
また各種設定も問題なくすることができた。

これで、無事MacのLibrePilotGCSを普通に使う事が出来るぞ!!

LibrePilot GCSScreenSnapz001

-Hobby, Mac, Mac用アプリ, いろいろ, アプリケーション, マルチコプター
-, , , , , ,