ひーちーのつぶやき

Macいじり,3DCG,デジカメ,ドローンを楽しんでます。

Hobby マルチコプター

CC3D MINI OP OSDまたはminimOSD(アナログRSSI+BATT設定)でコールサイン対応ファームウェア。

2016/06/04

CC3D MINI OP OSDまたはminimOSD(アナログRSSI+BATT設定)でコールサイン対応ファームウェア。Revolution miniに接続しているCC3D MINI OP OSDのファームウェアを自分用に
いろいろいじっていたが、ほぼ落ち着いたので一旦修正を完了する。
まぁ、LibrePilotがバージョンアップするとまた変更しなきゃいけないけど・・・

とりあえず、次期リリース版が16.04っぽいのでそれ用に対応させたファームウェアが
できたので一旦完成!!ってとこ。

動作するRevolutionまたはCC3Dのファームウェアバージョンは
LibrePilot次期バージョン(16.04)の開発中のファームウェアが入っている事。

また、バッテリー電圧はRevolutionで対応せずCC3D MINI OP OSDに入力する。
RSSIも同じようにアナログRSSIをCC3D MINI OP OSDに入力する。
そんな設定でコンパイルしている。
(自分が機体重量の制約で、この条件じゃないと厳しいので)

こんな感じで接続する。
雨天+留守番中でやることがないから・・・こんなことばかりやってる。

osd

制約事項)
コールサイン表示機能を追加するとファームウェア容量が大きくなりCC3D MINI OP OSD
書き込めないためいくつかの機能対応を省いている。
ウエイポイント関係やOPLINK関係などの普段は使わなそうな機能の表示は無し!!
CC3D Revolution mini側に電圧/電流センサー経由で入力する場合はファームウェア容量が小さく
フル機能表示できたはず。)

ってな感じのCC3D MINI OP OSDまたはminimOSD用のファームウェア(hexファイル)を
ここに保存しておこう。

たぶん、OSDコンフィグツールで書き込めるはず。

うちのpogo plugに保存して公開状態にしてみた。

-Hobby, マルチコプター
-, , , ,