ひーちーのつぶやき

Macいじり,3DCG,デジカメ,ドローンを楽しんでます。

3DCG 3Dプリンター

ハイインパクトPSのフィラメントを使ってみたらABSと同じ感じで造形しやすそう。

ハイインパクトPSのフィラメントを使ってみたらABSと同じ感じで造形しやすそう。うちのBONSAI LAB BS01+ではABS樹脂フィラメントでしか造形していない。
PLAも使えるけど好きじゃないので一度も使った事はない。
っで、気になっていたハイインパクトPS樹脂フィラメントを購入して使ってみた。


ハイインパクトPSって略号はHIPSなんだけど僕も仕事では時々使っている。
とはいっても射出成形なので造形方法が異なるのであまり自分自身の知識は役に立たない。

知っているのはABSより価格が安く強度が少し劣り比重も少し小さいって事ぐらい。
ABS製の部品のコストダウンでよく使う材料って事ですね。

なので、フィラメント自体もABSよりも安価。

僕が購入したのはサインスマート HIPSフィラメント 1.75mm 1kgってやつ。
プラモデルの材料に近いんだけど強度アップしてるからちょっと感覚が違う感じがする。

早速、温度設定をふって造形してみたんだけど
安定して造形出来るのはうちのBONSAI LAB BS01+でABSを造形するときと同じ設定の
ノズル温度250℃でテーブル温度80℃の組み合わせが一番いい感じだ。

_DSC4203

これを、機体重量200g未満のクワッドのGPS受信機保持部材として使ったら若干重量が
減るのかなぁなんて考え中。
また、黄色って青色より目立つから空中での視認性もいいかも。

_DSC4204

-3DCG, 3Dプリンター
-,