ひーちーのつぶやき

Macいじり,3DCG,デジカメ,ドローンを楽しんでます。

3DCG Mac用アプリ

Simplify3Dって小さなオブジェクト取り扱えないな?って思ってたら。

Simplify3Dって小さなオブジェクト取り扱えないな?って思ってたら。先日、小さなAVトランスミッターの誤操作防止部品をモデリングしてSTL形式で書き出し
Simplify3Dに取り込んだんだけどオブジェクトが表示されなかった。
色々悩んで対応方法はわかったんだけどバグ?それとも仕様なのかなぁ。

ViaCAD Pro 9ScreenSnapz001

大きさは、上の図面でわかるように指先ぐらいの小さな部品。
それも、R面取りもなくシンプルな形状にしている。

これをSTLへ書き出すと、特別に設定を追加しない場合は当然1辺は1つのメッシュに
変換され非常に少ないメッシュ数で構成される。

どうも、この1辺が1つのメッシュになるってのがダメっぽい。
Simplify3Dはオブジェクトが小さすぎるって認識するみたい。

ViaCAD Pro 9ScreenSnapz002

実際は上の図のように3角メッシュになるんだけどね。

では、どうすればSimlify3Dが小さな簡単形状部品をオブジェクトと認識してくれるか
というと1辺を細かく分割して1辺を複数のメッシュで構成させればいいみたい。
ホント、これって仕様なのかなぁ。

ViaCAD Pro 9ScreenSnapz003

上の図のようにムダに細かくメッシュ分割したSTLで書き出すと小さくて簡単な形状の
オブジェクトも正常に認識する。

しかし、複雑形状モデルもなるべく細かくメッシュ分割して出力したほうがいいのでは?
という疑問も出るよなぁ。

-3DCG, Mac用アプリ
-