ひーちーのつぶやき

Macいじり,3DCG,デジカメ,ドローンを楽しんでます。

Hobby

機体重量200g未満のクワッドコプター自作の検討中。minimOSDをまた使おう。

2016/01/18

機体重量200g未満のクワッドコプター自作の検討中。minimOSDをまた使おう。ドローン規制で、クワッドコプターDJI F450をFPVではなく目視飛行でしか
飛ばせなくなった。
この機体にはiOSDminiminimOSDを載せて機体情報とコールサイン表示している。
でも、200gの機体は軽量化のためにフライトコントローラをcc3dにするので
minimOSDですべてをまかなわないといけない。

ついでに、コールサイン表示もcc3d用のminimOSDファームでは標準状態ではコールサイン
表示をサポートしていないらしい。

コールサイン自体は飛行前にコールサインボード撮影で回避できるけど
もっとメンドーなバッテリー電圧表示がデフォルトでは正常な値ではないとのことだ。

そこで、抵抗とコンデンサーで電圧を分圧しないといけないらしい。
ここのページを読むとなんとなく改造方法が理解できる。
まずは抵抗とコンデンサーを入手しないと。

っで、コールサイン表示は
きっとまたソースコードを必死に解読して無理矢理表示させるしかないのかも。

今もiOSDminiで機体情報表示して、minimOSDでエラー回避+コールサイン表示を
して対応しているのでメカ屋な僕でも頑張ればできそう。

そして、機体組み立ての部品は発注まで完了。
プロポの受信機はDJIの920MHzを使っているので対応を悩み中。
どうしようもないときはF450から外して一時借用するか。
バッテリーも機体重量から200g以下になるバッテリー容量が決まるので未発注。

ってことで、本日発送された部品は以下のもの

メールScreenSnapz001

さて、今年中に届くのか来年になるのかお楽しみです。

-Hobby
-, , , , ,