ひーちーのつぶやき

Macいじり,3DCG,デジカメ,ドローンを楽しんでます。

3DCG Appストア Mac用アプリ MODO アプリケーション

怖いフォントを使って血糊っぽいテクスチャ作ってみる。

2016/01/27

怖いフォントを使って血糊っぽいテクスチャ作ってみる。さて、「Show me the Investment !」ってポップだけど
なかなかHalloween party用の怖そうな感じに作れない。
手書きでも頑張ったけどできなかった。

そこで、Foundryでコメントを頂いた方からフリーの
怖いフォントを使えば!?ってアドバイスをいただいたので
そっちの方法で考えてみた。

とはいっても、教えていただいたフォントがちょっと
僕の思っていたものと違っていたので検索して
暗黒工房 ホラーフォントというサイトを見つけた。
フリーで使用可能だったのでダウンロードして
元字形として使い血が流れた感じに加工する事にした。

それが、このフォント

Affinity DesignerScreenSnapz001

HappyWirelessGIFTset

これを基本字形として、選択してバケツで色を流し込み
指先ツールで流す事にした。
あ、ちなみにPhotoshopは使わずAffinity Designerを使い加工
をしています。(脱Photoshopを目指してるので)

そしてLayer Effectsで小細工をしてリアル感をだしてみた。
だしたというか自分なりにリアルかなって感じにした。

Affinity DesignerScreenSnapz002

これを、PNG形式で書き出してテクスチャに使用した。

pop-text

そして、次にPOPの紙の破れ具合の再現にStencil用の白黒の
テクスチャマップを作る事にした。
当然、この作業もAffinity Designerでやる事にして作業開始。

Affinity Designerのいいところは、PhotoshopとIllustratorの
両方の機能を持っているところ。
三角形のオブジェクトを作って組み合わせてあとで微調整
って感じの作業を繰り返し、こんなファイルを作った。

pop-stencil

そして、何度も修正して検討中。

modoScreenSnapz002

思ったより紙の破れの形って難しい・・・

-3DCG, Appストア, Mac用アプリ, MODO, アプリケーション
-,